« 『THE ICEMAN 氷の処刑人』 | トップページ | 『ジンクス!!!』 »

2014年5月22日 (木)

『父の秘密』

今日は、メキシコ映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、カンヌ国際映画祭で“ある視点”部門でグランプリを受賞したことで、注目されたらしいんよ。カンヌ以外でもサン・セバスチャン国際映画祭で監督さんが賞を獲ったり、監督さんと主演のふたりの演技は、いろんなところで評価されてたみたいやね。

娘役のテッサ・イアっていう若いメキシコの女優さんは、シャーリーズ・セロン、キム・ベイジンガーとジェニファー・ローレンスが出てた『あの日、欲望の大地で』って作品にも出演してたらしく、今後はメキシコだけやなくて、いろいろと顔を見かけるころになるかもなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

父の秘密 / Despues De Lucia   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ミシェル・フランコ

出演:エルナン・メンドーサ、テッサ・イア、ゴンザロ・ヴェガJr.、タマラ・ヤズベク、フランシスコ・ルエダ、ディエゴ・カナレス

母親を事故で亡くし、再出発のために新しい街に越してきた父と娘。料理人の父は、妻を失ったことから立ち直れずにいたが、娘は新しい学校で友達を作り、順調に新生活に適応したと思ったのだが.........ってな、ある父娘の葛藤を描いたドラマ?!

仲のいい親子の間にある微妙な距離感、ある事件がキッカケとなり、歯車が狂いだし、その溝によそれぞれが傷つき、苦しむ様が映し出されてるんよ。

説明を省いた出だしは、よく状況が掴めずに戸惑ってもうて、少し話に入りにくいかと思いつつも、そういったムダを省いた演出ってのがリアルな感じを出してるのかも。

このドラマ、学校でのイジメがテーマになってるわけやけど、あまりにも執拗で陰湿なイジメの描写に、観てるのも辛くなってもうて、ちょっと重たい気分になってもうたなぁ.........。

ラストが少し唐突で、観客を突き離すような印象はあるものの、その行動のなかにある複雑な“感情”ってのを考えると、なんや“ズシリ”とくるものがあるかもね。

どうしてもラテンのメキシコ映画っていうと陽気なハッピーエンドをイメージしてまうんやけど、その真逆を行くシリアスなドラマは、後からジンワリと味が出る、そんな作品なのかも?!

« 『THE ICEMAN 氷の処刑人』 | トップページ | 『ジンクス!!!』 »

映画」カテゴリの記事