« 『あの頃、君を追いかけた』 | トップページ | 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 »

2014年5月 2日 (金)

『100回泣くこと』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

よせばエエのにと自分でも思いつつ、他に目ぼしい邦画がなかったんで、とりあえずお試しで手にしてみたのがこの作品。まぁ、なんとなく“泣ける”映画を観たい気分やったってのもあるんやけどね。

そもそも監督が、あの『RIVER』の廣木くんって時点で、ダメダメな感じが漂ってるわけやけど、彼ってあのとっても“軽薄”な『軽蔑』って作品や、かなり物議を醸した『余命1ヶ月の花嫁』の監督さんでもあるんよ。正直、彼のこれまでのキャリア・ハイは、寺島しのぶと大森南朋主演の『ヴァイブレーター』かなぁ........って、もう10年以上前か........(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

100回泣くこと   ★★☆☆☆   (2013年)

監督:廣木隆一

出演:大倉忠義、桐谷美玲、ともさかりえ、宮崎美子、大杉 漣、忍成修吾、波留、村上 淳

友人の結婚式で4年ぶりに再会した元恋人同士のふたり。しかし、彼にはバイク事故の影響で彼女と付き合った頃の記憶がなく、彼女には大好きな彼との恋愛を素直に喜べない理由があり........ってな恋愛ドラマ?!

なんかなぁ............いろんな意味で“痛々しい”ドラマやったね(苦笑)

いろいろと恋の障壁を設けつつ、それでも好きにならずにはいられない男女っていうシチュエーションで盛り上げて、涙涙の純愛ストーリーを、って魂胆なんやろうけど、なんともチープでリアリティのない話やった。

しかも、主要キャストの演技力がなぁ................締まらんのですよ(苦笑)

主役の彼は、某事務所一の演技派なんて評価をどこぞの宣伝文句で目にしたんやけど、比べる対象のレベルが低すぎるようで、所詮は“ごっこ”のレベルやった。

100回泣くんやったら、そのうち1回くらいウルっとくる場面もあるかと思ったけど、その気配は皆無で、まぁある意味、あまりにもヒドイ作品すぎて、ちょっと悲しくなったんやけどね(苦笑)

結局のところ、例によって、某事務所のファンのための作品ってことなんやろなぁ...............?!

« 『あの頃、君を追いかけた』 | トップページ | 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事