« 『サード・パーソン』 | トップページ | 『ラブクラフト・ガール』 »

2014年6月23日 (月)

『MUD マッド』

今日は、アカデミー賞受賞で注目のマシュー・マコノヒーの作品をひとつ、ご紹介♪

この作品、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールの候補になってて、監督のジェフ・ニコルズくんは、前作のマイケル・シャノン主演の『テイク・シェルター』に続き、インデペンデント・スピリッツ賞の監督賞でもノミネートされてたんやって。

もちろんマシューくんの主演ってのも話題なんやけど、子役として出演してるタイ・シェリダンくんもまた、密かに(?)注目を浴びてるらしい。テレンス・マリック監督の『ツリー・オブ・ライフ』で子役としてデビューして、これが2作目の出演ではあるんやけど、この後に出演した作品でヴェネチア国際映画祭の新人俳優賞(染谷将太と二階堂ふみが『ヒミズ』で受賞したやつ)を受賞してるんよ。

今後の予定でも、ユアン・マクレガーの新作や、クロエ・グレース・モレッツとシャーリーズ・セロンの共演作、ジョン・トラボルタの出演作にも出てたりするんやって。

というわけで、いろいろと見どころのある作品の感想は............................?!

MUD マッド / MUD   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ジェフ・ニコルズ

出演:タイ・シェリダン、ジェイコブ・ロフランド、マシュー・マコノヒー、マイケル・シャノン、サム・シェパード、リース・ウィザースプーン、レイ・マッキノン、サラ・ポールソン、ジョー・ドン・ベイカー、ポール・スパークス

洪水で木の上に引っかかったボートを見ようと、川に浮かぶ無人島に探検に来た少年2人は、そこでひとりの男で出会う。恋人のために人を殺し、島で身を隠しながら、いずれ彼女と合流して一緒に逃亡するという話を聞き、愛するふたりのために少年たちは協力することにしたのだが..........ってな、サスペンス調のビターな青春ドラマ?!

いつも喧嘩ばかりしている両親を見ている少年の前に現れた“愛のために生きる男”、純粋に愛を信じようとする少年がひと夏の経験を通して成長する様を描くってとこかな。

今、ノリに乗ってるマシューくん、ここでもエエ味出してたねぇ。謎めいた男を、カリスマを漂わせながら、男臭く抜群の存在感で演じてるところが、なんとも言えんのよ!?

そんでもって、脇にさりげなくマイケル・シャノンがいて、更にサムおじさんが渋く、ミステリアスなオヤジを演じる..........なんと贅沢な。

少年たちも悪くない演技を見せてくれてて、特にシェリダンくんは、繊細でナイーヴな役どころを印象的に演じてたかな。

単純に“好き”という気持ちだけではどうにもならない、そんな愛もあるってね..........なんや、ちょっと切なくなってもうたなぁ...........(苦笑)

« 『サード・パーソン』 | トップページ | 『ラブクラフト・ガール』 »

映画」カテゴリの記事