« 『JAZZ爺MEN』 | トップページ | 『セブン・サイコパス』 »

2014年6月18日 (水)

『ショートバス』

今日は、ちょっと刺激的な(?)テーマを取り上げた作品をひとつ、ご紹介♪

監督のジョン・キャメロン・ミッチェルといえば、ちょっとカルト的な人気になった『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』を監督・脚本・主演して注目を集めたひとやんね。

ちょと前に、ニコール・キッドマン&アーロン・エッカート主演で『ラビット・ホール』って作品を作ってて、少し地味な感じではあったんやけど、悪くないドラマを監督してたんよ。

どうやら最近はテレビを主戦場にしてるみたいで、映画の方は予定がないらしいんやけど、結構、味のある演出をするひとなんで、また、スクリーンで作品を観たいなぁって思うんやけどね。

というわけで、そんな作品の感想は..............................?!

ショートバス / Shortbus   ★★★☆☆   (2006年)

監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル

出演:リー・スックイン、ポール・ドーソン、PJ・デボーイ、リンジー・ビーミッシュ、ラファエル・バーカー、ジャスティン・ボンド、ピーター・スティクルス

恋愛カウンセラーでありながらオーガズムを経験したことのない女に、人を愛したことのないSM女王、愛し合いながらも将来に不安を感じるゲイのカップル、そんな彼らを覗き見するストーカー、愛や性に関する悩みを抱えたひとたちが集うアングラなバー“ショートバス”。ニューヨークを舞台にした、ちょっと切なくもおかしな人間ドラマ!?

オープニングから、趣向を凝らした、個性的な演出を披露してくれるミッチェル監督の物語の語り方に、思わず“グイグイ”と引き込まれてもうたよ。

確かに露骨な性描写はかなり大胆で、キワもの的は要素はあるんやろうけど、それがあるからこそ表裏のない、人々の心の悩みってのが伝わるんやろうって思う。

そんなちょっと下世話な話を、時にユーモアをもって軽妙に描いてみせるところが、この監督さんの見事な“腕”なんよね。

映像の見せ方だけやなく、相変わらず音楽の使い方もうまくて、盛り上がるところで奏でる“キメ”の曲は、寂しさを超えた勇気を表現してるようで、なんや微笑ましい気分になったよ。

まぁ、テーマがテーマだけに、正当に評価されなかったり、内容に好き嫌いが出る作品なんやろうとは思うんやけど、個人的にはこの雰囲気、好きなんよなぁ...................!?

« 『JAZZ爺MEN』 | トップページ | 『セブン・サイコパス』 »

映画」カテゴリの記事