« 『ラブクラフト・ガール』 | トップページ | 『ベティの小さな秘密』 »

2014年6月25日 (水)

『ウォールフラワー』

今日は、期待の若手俳優が出演してる青春ドラマをひとつ、ご紹介♪

エマ・ワトソンは、もうちろん“ハリー・ポッター”シリーズで有名なわけやけど、この作品で主役を演じてるローガン・ラーマンも、注目の若手なんよね。現在、劇場で公開されてる『ノア 約束の舟』でもエマくんと共演してたり、“パーシー・ジャクソン”シリーズの主役ってことでも知られてるわけやけど、そもそも子役としてメル・ギブソンの『パトリオット』『バタフライ・エフェクト』といった作品に出てたらしい。

もうひとりの注目の若手俳優エズラ・ミラーは、ティルダ・スウィントン主演の『少年は残酷な弓を射る』って作品での息子役で、鮮烈な印象を残してたよね。この後も、ミア・ワシコウスカとの共演で“ボヴァリー夫人”をやってたり、再びティルダくんと共演する作品を撮影中らしい。

ちなみに、この作品の監督さんは、自ら原作本を書いてて、大ヒットミュージカルの映画版『RENT/レント』の脚本を書いてたひとなんやって。

というわけで、そんな作品の感想は.....................................?!

ウォールフラワー / The Perks Of Being A Wallflower   ★★★★   (2012年)

監督:スティーヴン・チョボスキー

出演:ローガン・ラーマン、エズラ・ミラー、エマ・ワトソン、ジョニー・シモンズ、ケイト・ウォルシュ、ディラン・マクダーモット、ポール・ラッド、メイ・ホイットマン

精神的に不安定で、中学時代は引きこもっていた青年は、高校では友だちを作ろうと思ったものの、うまくいかずに孤立していた。勇気を出して話しかけた上級生と仲良くなり、彼の義理の妹たちのグループともツルむようになるのだが.........ってな青春ドラマ?!

友だちのいない内気な青年が、自由奔放な兄妹コンビと知り合い、少しずつ変わっていく様を描きつつ、それぞれに悩みを抱える若者の青春の1ページを綴るってとこなんかな。

なんかね、単純な青春ドラマかと思ってたら、恋愛やアイデンティティの問題、勉強に仲間のこと、様々な悩みを織り込みながら、ちょっとビターな高校生活を映し出してるところが味わい深いんよ。

主演の若手俳優3人も、それぞれに個性を出しながら頑張ってたしね。もちろん、オヤジ目線でエマ・ワトソンに注目してたんやけど、エズラくんも役者として今後が楽しみな存在やなぁって思ったよ(笑)

“自分らしく生きる”、迷い苦しみながらも必死に答えを探して前に進もうとする、そんな若者の奮闘する姿に、なんやノスタルジックな想いと清々しさを感じてもうたよ?!

« 『ラブクラフト・ガール』 | トップページ | 『ベティの小さな秘密』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事