« 『ショートバス』 | トップページ | 『潔く柔く (きよくやわく)』 »

2014年6月19日 (木)

『セブン・サイコパス』

今日は、ロスを舞台にしたイギリス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品のマーティン・マクドナー監督は、もともとは劇作家で、短編映画でアカデミー賞を受賞して注目されるようになったんよ。

長編第一作は、この作品と同じコリン・ファレルを主役に迎えた『ヒットマンズ・レクイエム』っていう犯罪ドラマやったんやけど、低予算のB級感のある作品でありながら、なかなかオモロくて、ちょっと個人的に注目してる監督さんなんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

セブン・サイコパス / Seven Psychopaths   ★★★☆☆   (2012年)

監督:マーティン・マクドナー

出演:コリン・ファレル、サム・ロックウェル、ウディ・ハレルソン、クリストファー・ウォーケン、アビー・コーニッシュ、オルガ・キュリレンコ、トム・ウェイツ、マイケル・ピット、ハリー・ディーン・スタントン

映画の脚本を書いて生活している男は、新作で“セブン・サイコパス”というタイトルだけ決めたものの、スランプで何も書けずに困っていた。そんな彼の親友で、愛犬家の犬を誘拐して小金を稼いでいる売れない役者の男は、アイデアを提供したり、広告で凶悪犯を集めようとしたり、親友のために色々とお節介をやくのだが...........ってな、コメディ調のバイオレンスもの?!

この作品の見どころは、なんといってもコリンくんにサムくん、そしてウディおじさんのキャラ立ちした演技やろね。特に、サムくんのちょっと脱力系のクセもの演技は、パッと見は凄みはないんやけど、ジワジワと効いてくる感じで、つくづく上手い役者やなぁって思うんよ。

作品全体のデキとしては、適度にヒネリのある話になってて、飽きさせないだけのクオリティはあるし、キャスティングも悪くなくて、個人的には結構、楽しめたかな。

しかし.........あのトム・ウェイツがうさぎを抱えて出てくるとは、オチャメすぎるわ..........ホンマはすごい歌手なんやけどねぇ.............♪(笑)

« 『ショートバス』 | トップページ | 『潔く柔く (きよくやわく)』 »

映画」カテゴリの記事