« 『チチを撮りに』 | トップページ | 『超高速!参勤交代』 »

2014年6月28日 (土)

『人生はマラソンだ!』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、オランダのコメディをひとつ、ご紹介♪

この作品、本国では意外なヒットになったらしい。オランダ映画祭(ロッテルダム国際映画祭のほかに、こんな“祭”があるとは知らんかったんやけど.......)では、観客賞や批評家賞、最優秀助演男優賞を受賞したんやって。

監督さんは、これまでCMなんかを手掛けてたひとらしく、これがデビュー作にあたるみたいで、今後の予定をチェックしてみたら、来年あたりに本国オランダで新作が公開予定になってるらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

人生はマラソンだ! / De Marathon   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ディーデリック・コーパル

出演:ステファン・デ・ワレ、マルセル・ヘンセマ、マルティン・ヴァン・ワールデンベルフ、フランク・ラマース、ミムン・オアイッサ、シンシア・アブマ、アリーアネ・シュルター、マルタイン・ラケマイヤー、ルース・ルカ、マフーブ・ベンムーサ

自動車修理工場を営む男は、4人の従業員と気楽に仕事をして過ごしていたが、税金の未払いがかさみ、工場の経営は傾いていた。そんな窮地を脱すべく、ロッテルダム・マラソンで彼らが完走することを条件に、金を工面できそうにはなるのだが................ってな人情コメディ?!

職場を失うか、それともフルマラソンを走り切るか、そんな選択を迫られるなか、なかなか本気にならないダメおやじたちが、困難を乗り越え(?)スタートラインにってな感じで、とっても脱力系のコメディやったね(笑)

まぁ、だいたい、話のスジは分かるわけで、ドタバタとやりながらも、目標に向かってってことで、とってもベタではあるんやけど、それなりにまとまった作品にはなってたかな。

どうみてもメタボなオヤジたちが、重そうな体にムチ打って、必死に頑張ってる姿は、同じメタボ系のオヤジになりつつある身としては、それなりに共感できるものがあったかな(苦笑)

いろいろと話しのつなぎや、細かい演出で、素朴さがありすぎて盛り上げ切れない感はあるんやけど、それでも、単純なハッピー・エンドにせずに、ちょっと切なくも爽やかさを感じる展開にもってくるところが、嫌味のない作品に仕上がってる理由かもね?!

« 『チチを撮りに』 | トップページ | 『超高速!参勤交代』 »

映画」カテゴリの記事