« 『MUD マッド』 | トップページ | 『ウォールフラワー』 »

2014年6月24日 (火)

『ラブクラフト・ガール』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、LCラブコスメティックっていう実在の会社をモチーフにしたコミックが原作で、会社設立の際の出来事を使って書かれたものなんやって。

そんな作品を監督してるのは、中村義洋監督の作品なんかで助監督を務め、ちょっと前に紹介した小池栄子が主演した『ペンギン夫婦の作りかた』を監督したひとなんよ。

というわけで、そんな作品の感想は..................?!

ラブクラフト・ガール   ★★★☆☆   (2013年)

監督:平林克理

出演:安藤 聖、安藤倫也、黒瀬友望、羽鳥名美子、千葉雅子、矢柴俊博、小村裕次郎、木野 花、神戸アキコ

デザイナー志望の女の子は、人員整理で会社をクビになり、家に帰ると同棲中の彼氏が別の女との最中で、ズタズタになった彼女は、求人情報誌で“デザイナー募集”の文字を見て、とある会社に入社したものの、そこはアダルトグッズを作る会社だった............ってなコメディ?!

正社員になれたものの、後ろめたさか、仕事に身が入らず、ミスを連発するが、同じ会社の人たちから刺激を受け、次第に変わっていき.........ってな感じで、なぜか(?)爽やかなドラマに仕上がってたりして(笑)

てっきり“キワもの系”のB級映画かと思ったら、確かにチープな低予算の作品ではあるものの、かなり真面目に(?)作られたドラマなんよね。

仕事に対する姿勢や、働く意義、仲間の大切さみたいなものが、いい塩梅に織り込まれてて、思いのほか楽しめたりして。

まぁ、あえておススメするようなものでもないんやけど、ドラマとしてはそれほど悪くないかもね?!

« 『MUD マッド』 | トップページ | 『ウォールフラワー』 »

映画」カテゴリの記事