« 『ヘンリー・プールはここにいる ~壁の神様~』 | トップページ | 『ソウルガールズ』 »

2014年7月15日 (火)

『ジ、エクストリーム、スキヤキ』

今日は、脱力系の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品を監督してる前田くんは、これが初監督作品になるらしい。もともと演劇の世界で注目されてるひとみたいで、小説でも芥川賞の候補になったりしてるんやって。

映画でいうと、『童貞放浪記』の脚色を担当したり、竹野内 豊が主演したコメディ『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』の原作&脚本や、朝ドラで人気(?)の吉高くん出演の『横道世之介』の脚本を書いたひとらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

ジ、エクストリーム、スキヤキ   ★★★☆☆   (2013年)

監督:前田司郎

出演:井浦 新、窪塚洋介、倉科カナ、市川実日子、高良健吾、沖田修一、黒田大輔、西田麻耶、内田 慈

ある出来事をきっかけに、15年ものあいだ絶縁状態だった大学時代の先輩が、ひょっこりと会いに来た。なんとなく時間を過ごすうちに、後輩の彼女と、ふたりの大学時代の女友達を誘い、海を目指してドライブすることに..........ってなドラマ?!

仕事を辞めてフラフラと生きてる男、バイトをしながら気ままに暮らす男とその同棲相手、そして冴えない男となんとなく社内恋愛してる女、なんとも“ゆる~い”キャラ設定の面々が繰り広げる絡みを切り取った作品なんよ。

どこか調子のハズれたマッタリ感、そのなかで過去や現在を独特のリズムの会話でつないでいく、そんな雰囲気は嫌いやないんやけどね。主要キャストも、それぞれに個性が出てて、悪くない演技をしてたかな。

ただ、どこか漠然とした流れのなかで、別のイメージを挟みながら、リズムを変えて何かを言いたげなんやけど、それが上手く伝わらない(理解できない)ところが、なんか消化不良な気分にさせられてもうて、ちょっとスッキリとせんかった。

うまくいかない人生の悲喜こもごもと、忘れられない過去の思い出と明日への一歩ってのがテーマなんやろうとは思うんやけど、少しもったいない作品やったかな?!

« 『ヘンリー・プールはここにいる ~壁の神様~』 | トップページ | 『ソウルガールズ』 »

映画」カテゴリの記事