« 『ジ、エクストリーム、スキヤキ』 | トップページ | 『オンリー・ゴッド』 »

2014年7月16日 (水)

『ソウルガールズ』

今日は、実話を基にしたオーストラリア映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、本国オーストラリアでは、数々の賞を受賞し、大ヒットしたらしい。日本でも、どちらかというとマイナーな公開作品ではあったんやけど、口コミの評価は高く、気にはなってたんよね。

監督さんは、主にTVドラマを中心に作品を残してるみたいで、長編映画としては、この作品がデビュー作ってことになるらしい。役者としても映画やドラマに出演してるようで、マルチな才能を持ったひとなのかもね。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ソウルガールズ / The Sapphires   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ウェイン・ブレア

出演:クリス・オダウド、ジェシカ・マーボイ、デボラ・メイルマン、シャリ・セベンズ、ミランダ・タプセル、トリー・キトルズ、エカ・ダーヴィル

人種差別が残る60年代後半のオーストラリアで、アボリジニの居住区で暮らす歌が好きな3姉妹は、地元のコンテストに出場するも、白人でないために相手にされなかった。諦めきれない彼女たちは、コンテストで司会をしていた男を誘い、ベトナムの米軍慰問団のオーディションを受けることになったのだが...........ってな、実話を基にした(?)お話?!

オーストラリアの負の歴史を背景にしつつ、歌で自分たちの世界を変えようと奮闘する3姉妹と従姉妹の姿を、軽めのタッチで軽快に描いてるんよね。

歌がカギになるだけに、しっかりと聞かせる声を持つひとをキャスティングできてる(リードシンガーは、オーストラリアの人気歌手とのこと)ところが良かったかな。なかなか迫力のある歌声は、説得力があったね!?

“感動の実話”ってふれ込みに、ちょっと“涙腺刺激系”ってのを期待しすぎてもうたのか、その点では少し肩すかしな感じは否めんかったかな。

それにしても、おおらかでノンビリしたイメージのオーストラリアという国で、ほんの50年ほど前まで、肌の色で人を差別し、それによって子供たちが苦しんでたってのは、なんや切ない話よなぁ...............?!

« 『ジ、エクストリーム、スキヤキ』 | トップページ | 『オンリー・ゴッド』 »

映画」カテゴリの記事