« 『her/世界でひとつの彼女』 | トップページ | 『BEDWAYS -ベッドウェイズ-』 »

2014年7月27日 (日)

『好きっていいなよ。』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、邦画をひとつ、ご紹介♪

いやぁ~、なんでこんな作品をワザワザ映画館で観てもうたんやろう...........っていうのが、今の正直な気持ちなんよ(苦笑)

たまたま某シネコンでやってる作品が観たくて、その前後で調整のきく別の作品を探してて、まぁ、ポイント・サービスデーで¥1,100やし、主演ドラマが大コケして辛い思いをした“じゃがりこ娘”が頑張ってるんやったらってことやったんやけどね。

まぁ、ある程度の予想はしてたんやけど、ほぼ満席の場内は、明らかに平均年齢が20歳以下の女の子で埋め尽くされてて、その時点で場違い感がハンパなくて後悔の念が頭のなかをよぎったんやけど、本編が始まって15分もすると、もうどうしようもなくて...............(笑)

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

好きっていいなよ。   ★★☆☆☆   (2014年)

監督:日向朝子

出演:福士蒼汰、川口春奈、永瀬 匡、市川知宏、足立梨花、西崎莉麻、山本涼介、菊池亜希子、渡辺満里奈、八木アリサ、永池南津子

友だちもなく、誰とも話すことなく高校生活を送っていた女の子が、ふとしたキッカケで学校一のモテ男の同級生に告白される。戸惑いながらも付き合いはじめる二人だったが..............ってなウブな恋のお話?!

過去のトラウマから自分の殻に閉じこもって生きている女の子が、ひとつの恋を通して変わろうとする、そんな様子をロマンチックにってことなんやろうけど.................う~ん、なんや作品として痛いんよなぁ.............。

まず、基本的なところで、出演のみなさんの演技が、どうにもショボいんよ。なんとなく音楽でゴマカしてる風やけど、たぶんセリフだけ聞いたら、相当ドン引きしてまうくらいにお粗末やろね(苦笑)

それに加え、キャラクターがどうにもなぁ。最近の若者の恋については、当然ながら、オヤジには窺い知れないものがあるんやけど、今の流行りは、これほどまでに“オレ、オレ系”がモテ男なんやろか?

あまりにも自意識過剰な勘違い男が、薄っぺらい中身を棚に上げてナンパしまくる様にトキメク乙女心ってものが、まったく理解できんかった。まぁ、そういうことを言う時点で、オヤジにはすでに入り込めない世界なんやろうけど(笑)

しかしながら、本命でもない男を相手にホテルで簡単に体を許すようなキャラを否定しないで、それを恋の一部のように描くドラマが、健全な“純愛”映画やって言うのは、ちょっとどうかと思うんやけどね?!

これが等身大の今の高校生の恋愛事情やって言われると、ちょっと悲しくなってくるんよなぁ............(溜息)

« 『her/世界でひとつの彼女』 | トップページ | 『BEDWAYS -ベッドウェイズ-』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事