« 『31年目の夫婦げんか』 | トップページ | 『愛の原罪』 »

2014年8月10日 (日)

『アメリカン・ギャングスター』

今日は、デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウが共演したギャングものをひとつ、ご紹介♪

ほんまやったら週末は公開中の作品を、って思ってたんやけど、ここ数週間、なんか気乗りがしなくて、足が映画館に向かわないんよなぁ。別に夏バテしてるってワケでもないんやろうけど、まぁ、ちょっと疲れてるのかも........。

なんて少し弱気なことをツブやいててもしゃぁないんで、リドリーくんの作品でパッーと..........と言いつつ、彼の過去作品でそこまで景気のいい作品は................(笑)

というわけで、どうでもエエような字数稼ぎはやめて、作品の感想は.....................?!

アメリカン・ギャングスター / American Gangster   ★★★☆☆   (2007年)

監督:リドリー・スコット

出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディングJr、ジョシュ・ブローリン、アーマンド・アサンテ、テッド・レヴィン

60年代後半のニューヨークのハーレムで、麻薬ビジネスで財を築いた黒人ギャングと、そんな彼を追い詰める正義感の強い刑事の姿を描いた、実話に基づく犯罪ドラマ?!

高純度のヤクを売りさばき、一気に街を支配した男と、そんな彼を追いかける熱血デカ、デンゼルくんとラッセルくんの主演ふたりの対決が見もの..............って評判やったけど、それほど熱く対峙することもなく、なんやちょっと肩透かしやった(苦笑)

それでも、2時間半の尺の長さがありながら、観る側を話しにのめり込ませるだけの勢いは十分にあったね。丁寧に人物を描くことで、単なる悪者、いい者という以上の感情を植えつけてくれるあたりが、上手いのかも。

公開前の前フリで、さんざん煽っといて、これはアカンやろう........って、ようは売り方がマズいってことか。まぁ、もう少し男臭さがぶつかり合うような絡みがあると、作品として良かったんやろうとは思うんやけど、そこらへんの娯楽優先のハリウッド調なところが、物足りなさってやつかな。

どーでもいい事ながら、ギャングの奥さん役のライマリ・ナダルって女優さんが............妙に色っぽくて、かなり気になってもうたよ(笑)

期待し過ぎただけに、もう一息感は否めないものの、普通に観れば全体としては平均以上のデキなんやろね、きっと!?

« 『31年目の夫婦げんか』 | トップページ | 『愛の原罪』 »

映画」カテゴリの記事