« 『ザ・コール [緊急通報指令室]』 | トップページ | 『赤々煉恋』 »

2014年8月25日 (月)

『スティーヴとロブのグルメトリップ』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、イギリス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品の主演スティーヴ・クーガンはイギリスの俳優さんで、日本での彼の代表作というと、この作品と同じマイケル・ウィンターボトムが監督した“マンチェスター・ムーブメント”を描いた作品『24アワー・パーティー・ピープル』かな。

他にも、時代モノなんかで脇役として味のある演技をしたりする、個人的には嫌いやない役者さんなんやけど、そんな彼と盟友の主にTVで活躍する俳優のロブ・ブライドンが、実名でまるでガチの取材旅行をしてるかのような作品がこれなんよ。

ちなみに、日本では当然のようにDVDスルーになってもうてるわけやけど、本国ではヒットしたらしく、すでに続編が公開されてて、どうやら彼らはイタリアに行ったらしい。でもって、そんな彼らの“旅行”は、TVでシリーズ化もされてるとか。

というわけで、とりあえずは最初の旅の感想を.................................?!

スティーヴとロブのグルメトリップ / The Trip   ★★★☆☆   (2010年)

監督:マイケル・ウィンターボトム

出演:スティーヴ・クーガン、ロブ・ブライドン、クレア・キーラン、マルゴ・スティリー、レベッカ・ジョンソン、ベン・スティラー

俳優のスティーヴ・クーガンは、雑誌社の依頼でイギリス北部のレストランを巡る旅企画に出ることに。当初は恋人を連れて行くハズが、彼女がアメリカに帰ってしまったことで、代わりに親友の俳優ロブ・ブライドンを誘うのだが..................ってな、ちょっと異色のロードムービー?!

中年の男ふたりが田舎町の評判のレストランを巡る、そんな様子を追いかけながら、ふたりのモノマネによる掛け合いや、ホンネのぶつけ合いをコミカルに捉えつつ、旅の様子をドキュメンタリーのタッチで描いてるんよ。

基本のノリはコメディ調なんやろうけど、そこはウィンターボトム監督らしく、40代で人生に迷う男の苦悩ってのを取り入れて、むしろ上質な人生ドラマにしてしまってるところがエエんよなぁ。

個人的には4つなんやけど、とはいえ、彼らの繰り出すネタを含め、これを“オモロイ”と感じるひとは、残念ながら日本だとそれほどおらんやろうってことで、あえておススメにはせず、あくまでも“マニアックなひと向けの良品映画”という評価に、とりあえずはしとくかな!?(笑)

« 『ザ・コール [緊急通報指令室]』 | トップページ | 『赤々煉恋』 »

映画」カテゴリの記事