« 『ばしゃ馬さんとビッグマウス』 | トップページ | 『ブロークン・イングリッシュ』 »

2014年8月 2日 (土)

『ブリングリング』

今日は、二世監督さんの話題作(?)をひとつ、ご紹介♪

ソフィア・コッポラのパパさんといえば、ご存じのとおりフランシス・フォード・コッポラなわけで、華麗なる一族の出身ってことで、監督業に取り組みだしてからは、何かと話題にはなってるんよね。

ただ、これまでの作品は、あのアカデミー賞で脚本賞を受賞した『ロスト・イン・トランスレーション』ですら、正直、個人的にはそれほどインパクトを感じんかったんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は...................?!

ブリングリング / The Bling Ring   ★★☆☆☆   (2013年)

監督:ソフィア・コッポラ

出演:ケイティ・チャン、イズラエル・ブルサード、エマ・ワトソン、タイッサ・ファーミガ、クレア・ジュリアン、ジョージア・ロック、ギャヴィン・ロズデイル、レスリー・マン

転校してきたばかりの、見た目の冴えない男子高校生は、派手なブランド好きの女の子と知り合い、友だちになる。彼女に連れられ、最初は知り合いの留守宅に入り、勝手に物を盗んでいたふたりだったが、パリス・ヒルトンがパーティーに参加するニュースを聞き、住所を調べて、誰もいない彼女の家に盗みに入るのだが........ってな、実際にあった事件をドラマにした作品?!

なんやろなぁ........なにがしたくて、こんな作品を作ってるのか、サッパリ理解できんのよ(苦笑)

そこそこ金持ちの家に育った高校生たちが、ヒマつぶしにセレブの家に押し入り、勝手に金や物を頂戴して、酒やドラッグに溺れて大騒ぎしてるのをダラダラと見せられても、だから何やのって話やないですか。

例えば、彼らの内面をえぐるとか、事件の別の一面を追うとか、そこから若者の何かを描くとか、そんなものはサッパリ感じられず、ただ世間知らずのガキどもの、お気楽な犯罪を、(おそらく小洒落てると思って使ってると推測される)音楽を軽快に鳴らして“どうよ”って言われても、なんやアホらしくなってくるんよなぁ。

いつも作品を観るたびに思うんやけど..............ソフィア・コッポラ、ある意味“大した才能”やわ?!(笑)

« 『ばしゃ馬さんとビッグマウス』 | トップページ | 『ブロークン・イングリッシュ』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事