« 『アイム・ソー・エキサイテッド!』 | トップページ | 『ブリングリング』 »

2014年8月 1日 (金)

『ばしゃ馬さんとビッグマウス』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、行きつけのレンタル屋にDVDが1本だけ入庫してたんやけど、いつも貸出し中でなかなか観られへんかったんよ。注目した理由は、10年くらいずっと女優として追いかけてる麻生久美子が主演してるからやったんやけど、世間的にはもう一方の某事務所タレントなのかも.................(苦笑)

監督の吉田恵輔ってひとは、もともと塚本晋也監督の作品で照明係で参加して、自分で作るようになったみたいやね。2013年は監督作品が3作も公開されってことで、それなりに評価されてるんかな?!

ただ、その3本のうち2本は某事務所絡みってことで、そちらさんご用達の映画監督ってことなのかもね。まぁ、それでも資金が集まって作品が撮れるってことが、この業界で生きていくためには重要なのかもね。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

ばしゃ馬さんとビッグマウス   ★★★☆☆   (2013年)

監督:吉田恵輔

出演:麻生久美子、安田章大、岡田義徳、清水 優、秋野暢子、井上 順、松金よね子、山田真歩

脚本家を夢見て、コツコツと作品を書きためてはコンクールに応募するも、なかなか結果の出ない女の子は、シナリオスクールで口先だけで偉そうな年下の男と出会う。まったく正反対なふたりは、事あるごとに衝突するのだが...........ってなお話?!

超マジメで不器用な女と、言うことは一丁前やのに、いい加減で行動が伴わない男、そんなふたりが同じ夢を追うなかで、悩み苦しみながら次第に距離が縮まっていく、そんな様をちょっとコミカルにってとこなんやろね。

これ、なんと言ってもポイントは麻生くんのさりげないキャラの出し方やろなぁ。一生懸命やのに上手く行かない、人生の大きな壁を目の前に、どうしていいか分からずに佇む、そんな微妙な年頃の女の子を表現しとったね。あと、元カレ役で出てる岡田くんが、なかなか味のある演技をしてたかな。

まぁ、その他のキャスティングは、相手方を含めどうなんやろうって思わんでもないんやけど、作品としては悪くはなかった。夢に向かって走り続けながらも、現実に晒され、どうしていいか分からない、誰もが感じたことのある思い、ホンマに人生ってのは難しいもんやよなぁ......................?!

それにしても、関西弁がチャラいのか、それとも出てる本人がチャライのか........関西人としてはちょっと複雑やったりして............(苦笑)

« 『アイム・ソー・エキサイテッド!』 | トップページ | 『ブリングリング』 »

映画」カテゴリの記事