« 『スティーヴとロブのグルメトリップ』 | トップページ | 『さよなら、アドルフ』 »

2014年8月26日 (火)

『赤々煉恋』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で主役を務める土屋太鳳って女優さんは、今ちょっと注目されてるらしい。もともとテレビ東京のドラマ“鈴木先生”でメインキャストになって、公開中の“るろうに剣心”の後半でも出演し、NHKの朝ドラにも出てるんやってね。

そんな彼女はウルトラマンのシリーズものにも出てて、共演してるイケメン(?)の吉沢くんと清水くんは仮面ライダーのシリーズ、でもって監督の小中くんはウルトラマンやらミラーマンを手掛けってことで、なんやヒーローものオンパレードなキャスト&スタッフみたい(笑)

というわけで、そんな作品の感想は............................?!

赤々煉恋   ★★★☆☆   (2013年)

監督:小中和哉

出演:土屋太鳳、吉沢 亮、清水富美加、秋本奈緒美、吉田 羊、有森也実、堀内正美、石田信之、鈴木貴之、(声の出演)大杉 漣

マンションから飛び降り、自殺した女子高生は、なぜか浮遊霊として自分の家や町を彷徨っていた。自分がなぜ死のうと思ったのか、そんなことを考えながら、霊となった自分に誰も気づいてくれないことに寂しさを感じつつ、漫然とぶらぶらするのだが................ってなドラマ?!

最初は楽しかった高校生活、それがいつしか苦痛になり、やがて生きてる意味を見失った過去、霊となってから“生きる”ことの意味を考え、反省するってことなんかな。

う~ん、もう少しシリアスに“自殺問題”を描くのかと思いきや、どちらかというと主演の土屋くんのイメージビデオにストーリーがくっついてるようなノリやった(苦笑)

個人的には、『HK/変態仮面』のヒロインとして少し注目してる清水くんも出てたりして、それなりの楽しみ方はできたんやけど、ただ、作品としては中途半端やよなぁ...................。

結局のところ心霊ファンタジーに強引に笑いや友情や親子の愛情を絡めたドラマってことで、特に残るものはなかったかな?!

« 『スティーヴとロブのグルメトリップ』 | トップページ | 『さよなら、アドルフ』 »

映画」カテゴリの記事