« 『抱きしめたい -真実の物語-』 | トップページ | 『イン・ザ・ヒーロー』 »

2014年9月13日 (土)

『フルスロットル』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、リュック・ベッソンのチームが贈るアクションものをひとつ、ご紹介♪

この作品、もともとは2004年にリュック・ベッソン製作・脚本で作られた『アルティメット』って作品のハリウッドでのリメイク作品ってことらしいんよ。

元ネタとなってる作品では、これまでのアクションを凌駕する“パルクール”っていう超人的な動きのアクションが話題になって、かなり注目されてたんよなぁ。

それにしても、この作品は昨年11月に自動車事故で亡くなったポール・ウォーカーの最後の主演作なんよ。あまり作品に恵まれたタイプではなかったんやけど、あの独特の声の響きとか、渋めの風貌が、個人的には好きやった。

というわけで、ちょっと複雑な感情を胸に鑑賞した作品の感想は........................?!

フルスロットル / Brick Mansions   ★★★☆☆   (2014年)

監督:カミーユ・ドゥラマーレ

出演:ポール・ウォーカー、ダヴィッド・ベル、カタリーナ・ドゥニ、RZA、グーチー・ボーイ、リチャード・ジーマン、フランク・フォンティン、ブルース・ラムゼイ、カルロ・ロタ、アイーシャ・イッサ

デトロイト市長は、街の活性化のために再開発を推し進めるが、その対象地区には“ブリック・マンション”と呼ばれる壁で周囲と隔絶された無法地帯があった。地区を仕切る組織により、中性子爆弾が強奪され、ひとりの捜査官が送り込まれることに............ってなアクションもの?!

爆弾の起爆装置が作動しており、爆発までのタイムリミットは10時間、その地区で育った犯罪者を相棒に、ハゲしい攻防が繰り広げられ.........ってなことで、ノンストップで大暴れってね(笑)

もともとがフランス映画『アルティメット』があって、それのリメイクということらしく、当時話題になったアクション“パルクール”が、今回もかなりフィーチャーされてるんよ。そこにポールくんを主役にってことで、どこか“ワイルドスピード的”なカーチェイスを盛り込みって...............ベッソンくん、かなり安直に脚本を書いてまんなぁ(苦笑)

それでも、これがポールくんの遺作かって思うと、どこか寂しさを感じてもうて、そんなセンチメンタルな作品でもあったかな。

それにしても、おそらくポールくんがアクセル全開に車をかっ飛ばすっていう理由だけで邦題が付いてるんやと思われるんやけど、話のメインは、原題にあるとおり“ブリック・マンション”っていう場所の名前なわけで、それを敢えて変えるセンスってのは...........ポールくん、勘弁やで?!

« 『抱きしめたい -真実の物語-』 | トップページ | 『イン・ザ・ヒーロー』 »

映画」カテゴリの記事