« 『ブレッド&ローズ』 | トップページ | 『大いなる陰謀』 »

2014年9月26日 (金)

『麦子さんと』

今日は、なかなか良質な邦画をひとつ、ご紹介♪

なんかね、最近、堀北真希って女優らしくなってきたなぁって思うんよ。『白夜行』って作品で少し陰のある女の役を演じてるのを見た頃から、それまでのどこか“アイドル女優”のようなイメージが抜けて、本気で職業として演技をしてるんやって思えるようになったんよね。

北乃きいは論外(?)として、新垣結衣や井上真央、長澤まさみといった同世代の若手女優のなかでは、演技力という点では少し抜けたかなぁって個人的には思うんよ。

そんなわけで、彼女が主演した新作の感想は........................?!

麦子さんと   ★★★☆☆   (2013年)

監督:吉田恵輔

出演:堀北真希、松田龍平、余 貴美子、麻生祐未、温水洋一、ガダルカナル・タカ、田代さやか、ふせ えり、岡山天音、佐々木未来、藤井びん

幼い頃に父親と離婚し、それ以来ずっと会っていなかった母親が、突然ふらりと現れ、一緒に暮らそうと言ってきた。父親が亡くなり、兄とふたりで暮らしてきた麦子は、母親に対して心を開くことができずにいるが、そんな時、急に病気で母親が亡くなり、彼女は納骨のために母親の故郷に行くことに.............ってな家族ドラマ?!

若い頃はアイドルを目指し、故郷の町の人気者だった母親の話を聞かされ、戸惑うのだが........ってなことで、自分の知らない“母親と呼ばれるひと”の過去を知り、少しずつ自分の中の母親への感情と向き合おうとする娘の姿を描いてるんよね。

この作品、どちらかと言うと淡々とした流れで進むんやけど、上手くキャスティングしてることで、飽きさせずに母娘のドラマを作り上げてるんよ。

主演の堀北くんの存在感や演技も悪くないんやけど、少しとぼけた母親を演じる余くんのいつもながらの味のある演技や、松田家の長男坊に温水くんといった個性的な脱力系の“ゆる~いキャラ”を適所に配して、独特の雰囲気を作ってた。

自分のなかで拒絶していた母親への想い、素直になれなかったことへの悔い、そんな複雑な親への気持ちが上手く描かれた作品は、なかなかのデキやったね!?

« 『ブレッド&ローズ』 | トップページ | 『大いなる陰謀』 »

映画」カテゴリの記事