« 『フルスロットル』 | トップページ | 『ヒラリー・スワンク ライフ』 »

2014年9月14日 (日)

『イン・ザ・ヒーロー』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で監督をしてる武くんは、『ホテル・ハイビスカス』の中江裕司、『パッチギ!』の井筒和幸、『69 sixty none』の李相日、『嫌われ松子の一生』の中島哲也など、これまでにいろんな監督さんのもとで助監督として修業してたらしい。

主演の唐沢くんは、映画でメインで見るのは久しぶりやなぁって思ったら、どうやら映画の主役は『20世紀少年』のシリーズ以来ってことみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

イン・ザ・ヒーロー   ★★★☆☆   (2014年)

監督:武 正晴

出演:唐沢寿明、和久井映見、福士蒼太、寺島 進、黒谷友香、小出恵介、杉咲 花、草野イニ、日向 丈、加藤雅也、松方弘樹、及川光博

“スーツアクター”として、25年ものあいだ特撮モノのヒーロー役を演じてきた男は、映画で初めて“役者”として顔出し出演する話がきて大喜びするが、直前でアッサリと若手イケメン俳優に役を取られてしまう。文句も言わず、スーツを着てヒーローを演じるのだが...............ってなコメディ調の熱い(?)ドラマ?!

役者として映画に出たい、そんな夢を追い続けて、ひたむきに子供たちに夢をあたえる仕事をしてきた男、しかし体力は限界に来て、若い者に役を取られ、それでも夢を諦めきれず..........そんな不器用な男を唐沢くんが男気で演じてるんよ。

特撮ヒーローものの製作現場の紹介のようなパートもあったりで、なかなか個人的には興味深かったかな。まぁ、ベテランに囲まれて、福士くんの演技力ってのが、ちょっとどうかなぁって気はするんやけど、そんな物足りなさ以上に唐沢くんの気合いで押し切られる感じで、悪くなかったね。

愚直にも夢を追いかけ、それを見守る家族や仲間がいて、そんでもって怒涛のクライマックスへ..............う~ん、ベタやなぁって思いつつ、やっぱり目頭が熱くなってもうたよ(笑)

サイドストーリーにやや無理があるのが気になってもうたんやけど、コテコテな作りながら、爽やかな“役者バカ”な男の物語は、なんや胸にグッとくるものがあったかな!?

« 『フルスロットル』 | トップページ | 『ヒラリー・スワンク ライフ』 »

映画」カテゴリの記事