« 『大人ドロップ』 | トップページ | 『鑑定士と顔のない依頼人』 »

2014年10月15日 (水)

『とらわれて夏』

今日はジェイソン・ライトマン監督の新作を、ご紹介♪

この監督さん、ご存じのとおり、エレン・ペイジが主演して話題になった『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞の監督賞にノミネートされ、つい最近、長い独身生活にピリオドを打ったジョージ・クルーニーが主演した『マイレージ・マイライフ』でゴールデン・グローブ賞の脚本賞を受賞したひとやんね。

前作『ヤング≒アダルト』は少しイマイチやったように思うんやけど、この作品を観ても、なにか他と違う、キラリとしたものを持った若手の監督さんやなぁって思うんよ。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

とらわれて夏 / Labor Day   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ジェイソン・ライトマン

出演:ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、ガトリン・グリフィス、トム・リピンスキー、J・K・シモンズ、アレクシー・ギルモア、クラーク・グレッグ、マイカ・モンロー、アレクシー・ギルモア

癒えない心の傷を抱える母親と、そんな彼女を気遣いながら暮らす少年は、スーパーでケガをした脱獄囚と出会い、なかばお強制的に彼を家に匿うことに...........ってなドラマ?!

殺人を犯して服役していた男との暮らしに最初は戸惑う母子だったが、彼の優しさを知り、次第に心許すようになり.......ってなことで、傷ついた男女が惹かれあう様を子どもの視線で描いた恋愛ドラマってとこなのかもね。

この作品のポイントは、なんといってもケイトくんとジョシュくんの主演コンビの演技やろなぁ。すでにアカデミー賞女優になってるケイトくんの演技は納得なんやけど、それと合せてジョシュくんの渋みがエエんよ。あの『グーニーズ』の子役が、少しイカツイ顔ながら、男臭い演技ができるようになtっとはなぁ.......(笑)

サラりと描かれた少しイビツな男と女、短い時間でも、それがいつしか永遠の愛に................そんな運命の出会い、あったらエエなぁ...................ムリか?!

« 『大人ドロップ』 | トップページ | 『鑑定士と顔のない依頼人』 »

映画」カテゴリの記事