« 『ジャージー・ボーイズ』 | トップページ | 『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 »

2014年10月20日 (月)

『セルフィッシュ・サマー』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、男同士の友情を描いたドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品、いちおうWOWOWで放映されてたらしいんやけど、劇場での公開はなく、DVDスルーらしいんよ。とは言っても、ベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀監督賞)を受賞した作品で、それなりに評価されてるんよね。

そんな監督のデヴィッド・ゴードン・グリーンってひとは、以前におススメで紹介した、ケイト・ベッキンセールとサム・ロックウェルが共演した『スノー・エンジェル』って作品の監督でもあるんよ。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

セルフィッシュ・サマー / Prince Avalanche   ★★★☆☆   (2013年)

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン

出演:ポール・ラッド、エミール・ハーシュ、ランス・ルゴール、ジョイス・ペイン

大火災で被害をこうむったカリフォルニアの森林を走る道路で、センターラインや道路標識の設置の仕事をする男は、会社に付き合ってる彼女の弟をアシスタントとして雇ってもらい、誰もいない場所でふたり、黙々と仕事をこなすのだが.................ってな人間ドラマ?!

人生に慎重で真面目に生きている男と、彼よりも若く、エネルギーを持て余してる男が、ふたりっきりで寝食を共にし、時間を過ごすなかで、ぶつかり合いながらも次第に距離を縮めていく、そんな様子を描くってとこなんかな。

なんとも地味な作品ではあるんやけど、キャスティングのバランスがエエんよ。ポールくんの少しネガティブな雰囲気と、エミールくんの軽さと時折みせるシリアスさってのが、ふたりの“さりげない演技”のなかで活きてて、派手さはないんやけどシックリと噛みあってた。

性格も考え方もまったく異なるふたりが、互いの胸の内をさらけ出しながら強い絆で結ばれていく、そんなドラマは、主演ふたりの演技を味わえる、良質な作品やったかな?!

それにしても、毎度ながら未公開作品の邦題のタイトルの適当さ加減、なんとかならんもんかな。この邦題、素直に訳すと“利己的な夏”とでもなるんやろうけど、それって一体どういう意味??

謎すぎる.......................(苦笑)

« 『ジャージー・ボーイズ』 | トップページ | 『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 »

映画」カテゴリの記事