« 『フルートベール駅で』 | トップページ | 『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』 »

2014年10月 9日 (木)

『17歳』

今日は、ちょっと話題になったフランス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、なにが話題になったかって、主演のマリーヌ・ヴァクトっていう若い女優さんの大胆な演技があまりにもセンセーショナルで、注目されたんよ。

そんな、ほぼ無名な女優さんを操ってるのが、フランス映画界で異彩を放つフランソワ・オゾン監督で、『8人の女たち』『スイミング・プール』あたりで人気になって、その後、ちょっと低迷気味やったんやけど、前作の『危険なプロット』とこの作品で、再び話題の中心にって感じなのかもね。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

17歳 / Jeune & Jolie   ★★★☆☆   (2013年)

監督:フランソワ・オゾン

出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェラルディーヌ・ペラス、フレデリック・ピエロ、ナタリー・リシャール、ヨハン・レイゼン、ロラン・デルベック、ファンタン・ラヴァ

17歳になったばかりの女子高生は、夏に家族とやって来たバカンスの地で、知り合ったドイツ人の青年と初めて体を重ねてから性に目覚め、普段の高校生活に戻ると、ネットで客を取るようになるのだが、ある日、常連の中年の客が腹上死してしまい............ってな思春期の女の子の揺れる気持ちを描いたドラマ?!

好きでもない男から金をもらって、その代わりに体を抱かれる女の子、もう子どもではないが大人にもなりきれない、そんな年頃の不安定な心をエロを交えて描くってとこなんかな。

とにかく主演のマリーヌくんが印象的なんよ。モデル出身だけあって、スラリとしたスタイルで、化粧をキメると大人なんやけど、時折、幼い表情を見せるあたりが、観ててドキッとさせられるんよね。

まぁ、話の内容としてはどうってことないようにも思うんやけど、多感な10代の性を切り取る監督さんの独特のセンスってのが、エロに惹かれる男の欲望と相まって、作品の評価を作り上げてるってとこなのかも?!(笑)

« 『フルートベール駅で』 | トップページ | 『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』 »

映画」カテゴリの記事