« 『ニューヨーク 冬物語』 | トップページ | 『まほろ駅前狂騒曲』 »

2014年10月30日 (木)

『おとなの恋には嘘がある』

今日は、コメディ調の恋愛ドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品、かなり小粒ではあるんやけど、ゴールデングローブ賞でヒロイン役のジュリア・ルイス=ドレイファスが女優賞にノミネートされたり、インディペンデント・スピリット賞や放送映画批評家協会賞でジェームズ・ガンドルフィーニが助演男優賞にノミネートされたりで、それなりに評価されてるんやって。

監督さんは女性のひとで、大人気となったTVドラマ“セックス・アンド・ザ・シティー”のTV版のエピソードをいくつか書いたりしてて、それなりに名の知れたひとらしい。

この作品が公開された昨年の6月に、ガンドルフィーニおじさんは急逝してもうたわけで、そう考えるとちょっと寂しいんやけど、そんな作品の感想は..........................?!

おとなの恋には嘘がある / Enough Said   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ニコール・ホロフセナー

出演:ジュリア・ルイス=ドレイファス、ジェームズ・ガンドルフィーニ、トニ・コレット、キャサリン・キーナー、イヴ・ヒューソン、ベン・ファルコーン、エイミー・ランデッカー、タヴィ・ケヴィンソン

出張マッサージ師をして生計を立てている主人公は、夫と離婚して娘と二人暮らしをしている。友人に誘われて行ったパーティーでひとりの男性と知り合うのだが.........てな、大人の恋の物語?!

見かけは良くないが、話が合う、そんな相手に徐々に惹かれていくが、彼が自分の顧客の別れた夫で、彼女から元ダンナの悪口を散々聞かされ、彼女の心に迷いが............ってなことで、母娘の関係なんかも交えながら、中年女性のままならない恋バナをってね。

ハゲでデブなオヤジを強烈にデフォルメしたようなガンドルフィーニおじさんが恋愛の相手ってことで、同じようなオヤジの自分も妙に勇気がわいてきたりして............(笑)

自分の気持ちと他人の評価、その間で揺れる気持ち、なんや歳を重ねれば重ねるほど、余計なことを考えすぎて、恋愛って難しくなるような気がするんよなぁ。

若い頃のように突っ走れればエエんやけど、なかなかそうもいかず、何とかせんとアカンとは思うんやけど...............なんてことを考えてみたりして?!(苦笑)

« 『ニューヨーク 冬物語』 | トップページ | 『まほろ駅前狂騒曲』 »

映画」カテゴリの記事