« 『セルフィッシュ・サマー』 | トップページ | 『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』 »

2014年10月21日 (火)

『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、確か公開当時は結構な評判で、興収も絶好調やったんと違うかったっけ。予告編でも楽しそうな雰囲気があって、ちょっと興味はあったんよ。

ただ、監督が三池くんで脚本がいつも笑えない彼、でもって主演があそこの“役者っぽいひと”で、“お笑い”がモレナク付いてきてっていうと、そんなに必死に観に行かんでもって気になってもうた(苦笑)

しかし、三池崇史って監督さんは、つくづくスゴイと思うんよ。いや、別に名監督やって言ってるわけやなくて、なんでこうも毎年ドーデもエエような作品を作り続けられるんやろってこと。無数にある監督作をかなり観てきたけど、“これは”っていう作品が1つもないんやけど、それでも資金が集まってきて、監督できるんやから、それはそれで才能なのかもね??

というわけで、そんな“三池印”な作品の感想は...................?!

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI   ★★★☆☆   (2014年)

監督:三池崇史

出演:生田斗真、堤 真一、山田孝之、吹越 満、遠藤憲一、大杉 漣、岩城滉一、岡村隆史、仲 里依紗、上地雄輔、伊吹吾郎、渡辺 哲、的場浩司、斉木しげる

交番勤務の巡査だった男は、失敗続きでクビを宣告される一方で、その無鉄砲さを見込まれて、凶悪なヤクザに潜入捜査するよう命じられるのだが................ってなコメディ映画?!

ヤケくそで乗り込み、認められて組員になり、合成麻薬の取引で組の幹部をしょっ引こうとするが.........ってなことで、ハチャメチャな暴れっぷりで攻める勢い勝負のコメディ.........ってことなんやろうけど、まぁ、ある意味、いかにもな三池&宮藤コンビの作品やったね(苦笑)

堤くんや吹越くん、遠藤くんにクセものの山田くんと、脇に個性的な面々が揃ってて、なかなか贅沢なんやけど、しょせんは某事務所とフジテレビのコラボ企画ってことなんよなぁ。

まぁ、作りの軽さやくだらなさってのは、そもそもこれを観ようと思った時点で想定内ではあるんやけど、それでもこれで2時間以上もグタグタとやられると、途中からどうでもよくなってもうて........(笑)

ちゃっかり続編も企画中って感じをプンプンと臭わせつつ、まぁ、適当に頑張って欲しいもんやね?!

« 『セルフィッシュ・サマー』 | トップページ | 『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』 »

映画」カテゴリの記事