« 『小野寺の弟・小野寺の姉』 | トップページ | 『トワイライト ささらさや』 »

2014年11月 8日 (土)

『イコライザー』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、ちょっと渋めのアクションものをひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタは80年代にTVでやってたシリーズもののドラマなんやって。その当時の日本でのタイトルが“ザ・シークレット・ハンター”ってことらしく、このタイトルだけ見ると、なんやインディ・ジョーンズ系のお宝さがしを想像してもうた(笑)

監督をしてるアントワーン・フークアくんと言えば、ジェラルド・バトラーを主演に据えた前作『エンド・オブ・ホワイトハウス』では、なかなかの娯楽アクションを作ってただけに、本国での前評判の良さもあって、今回はちょっと期待してたんよね。

というわけで、そんな作品の感想は..................................?!

イコライザー / The Equalizer   ★★★☆☆   (2014年)

監督:アントワーン・フークア

出演:デンゼル・ワシントン、クロエ・グレース・モレッツ、マートン・ソーカス、ビル・プルマン、デヴィッド・ハーバー、メリッサ・レオ、ハーレー・ベネット

ホームセンターの従業員として働く男には、誰も知らない過去があった。そんな彼は、行きつけのダイナーで知り合った若い娼婦が、元締めのロシアのマフィアに虐待されていることを知り、ある行動に出るのだが..............ってなゴリゴリのアクションもの?!

強大な悪を相手に、抑えることのできない正義感が走り出しすってな感じで、デンゼルおじさんがキレキレで大暴れってね!(笑)

とにかくデンゼルくんが渋いんよ。沈着冷静に次から次へと悪をなぎ倒すあたりが堪らんのです。デキすぎた感じではあるんやけど、それをテンポよく、かつ巧みに音楽で盛り上げながら、一気に突っ走るところに勢いがあって、夢中にさせるんやろね。

もう少しキュートなクロエくんが見たかったなんて、ちょっとミーハーなことを言ってみたりしつつも、あくまでも主役はデンゼルくんで、そこに焦点が合ってることが作品としての成功なのかも。

残念なのは、予告での売り方が中途半端なことやね。“どんな相手も19秒で仕留める”的なことをウリにしてたけど、実際に本編で時間にこだわってるのは一部で、敢えてそんな宣伝せんでも良かったんと違うかなぁって思うんよ。

せっかくの力作を、余計な先入観で違和感を与えてもね..............(苦笑)

« 『小野寺の弟・小野寺の姉』 | トップページ | 『トワイライト ささらさや』 »

映画」カテゴリの記事