« 『スイートプールサイド』 | トップページ | 『パパの木』 »

2014年11月19日 (水)

『ブランカニエベス』

今日は、ちょっと個性的なスペイン映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、スペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞で、18部門でノミネートされ、作品賞や主演女優賞、音楽に衣装、新人女優賞をはじめ、10部門で受賞したっていうシロモノなんよ。

“ブランカニエベス”ってタイトルは、どうやらスペイン語で“白雪姫”って意味らしく、白雪姫の話をスペイン流にアレンジして、しかもそれを白黒の映像と無声映画の形式で映像化したっていう、なんとも異色の作品なんよね。

というわけで、そんな作品の感想は...............................?!

ブランカニエベス / Blancanieves   ★★★☆☆   (2012年)

監督:パブロ・ベルヘル

出演:ダニエル・ヒメネス・カチョ、マリベル・ベルドゥ、マカレナ・ガルシア、ソフィア・オリア、アンヘラ・モリーナ、ペレ・ポンセ、ホセ・マリア・ポウ、インマ・クエスタ

人気の闘牛士だった男は、牛との戦いの最中の事故で半身不随となり、その場に居合わせた妊娠中の妻は、ショックで産気づき、娘を産んで死んでしまう。娘は、育ての親だった祖母が亡くなり、悪女にダマされて再婚した父の元に引き取られるのだが、継母のイジメにあい、辛い幼少期を過ごし.........ってなことで、“白雪姫”を闘牛士にアレンジして作ったファンタジー?!

白黒の無声映画として作られた作品は、出だしは違和感があって、取っつきにくい感じがしたんやけど、情熱的なフラメンコの音楽が効果的に流れてきたりして、慣れてくると次第に話に惹きつけられて、夢中になってもうたよ。

波乱万丈の人生を生きる女の子に共鳴してまうわけやけど、その理由は、子役から大人になるまで、どちらもキュートな役者が演じてるからかもなぁ!(笑)

ちょっと最後がシュールすぎるのが、そこまでする必要あったんかなぁって思ったりもするんやけど、実験的な作り方と大胆なストーリーは、他にはない個性を存分に発揮してて、本国スペインで絶賛されたのも納得のデキやったね!?

« 『スイートプールサイド』 | トップページ | 『パパの木』 »

映画」カテゴリの記事