« 『天才スピヴェット』 | トップページ | 『スイートプールサイド』 »

2014年11月17日 (月)

『アイ・アム・ニューマン』

今日は、劇場未公開の作品のなかから、人生ドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品で監督をしてるダンテ・アリオラさんってひとは、どうやらCM業界で有名らしく、ソニーのプレステやナイキのCMなんかで国際的な賞を受賞したりしてるみたいやね。

これが長編映画デビューみたいなんやけど、そんな作品の主演に旬なコリン・ファースとエミリー・ブラントをキャスティングできるってのは、それなりに注目されてる証拠なのかも。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

アイ・アム・ニューマン / Arthur Newman   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ダンテ・アリオラ

出演:コリン・ファース、エミリー・ブラント、アン・ヘッシュ、ルーカス・ヘッジス、M・エメット・ウォルシュ

離婚した妻と暮らす息子には相手にされず、恋人にも飽きられ、人生に絶望した男は、すべてをリセットするため、自殺を偽装し、別人のIDを手に入れて新たな人生を生きる決意をするのだが..............ってな、人生見つめ直しドラマ?!

今の自分のすべてを捨て去り、別人になりすまして生きようとする男は、似た境遇のひとりの女性と出会い、行動をともにすることになるが、旅を続けるうちに大切なことに気づき...........ってなことで、生きる意味や大切なものを探す旅を、ってなとこか。

コリンくんとエミリーくんの主演コンビは、演技力は十分なわけで、それなりに安定したクオリティの作品には仕上がってたかな。ただ、内容的にどちらかというとシリアス調になってるので、全体として地味な印象はあるかもね。

失って初めて気づく大切なもの、ちょっぴりビターな人生訓を教えてくれるドラマは、少し盛り上がりに欠ける感はあるものの、それなりに味わいはあったかな?!

« 『天才スピヴェット』 | トップページ | 『スイートプールサイド』 »

映画」カテゴリの記事