« 『家路』 | トップページ | 『ハミングバード』 »

2014年11月 5日 (水)

『グロリアの青春』

今日は、チリの映画をひとつ、ご紹介♪

チリ映画って言われると、それだけでいまいちマイナーな感じしかしてこないんやけど、この作品、ベルリン国際映画祭で銀熊賞(女優賞)を受賞してるんよね。

その他にも南米のいくつかの賞で主演のパウリーナくんや監督さんが賞に輝いてて、アメリカでもナショナル・ボード・オブ・レビューやインディペンデント・スピリット賞なんかでノミネートを受けたりと、なかなかの評判やったらしい。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

グロリアの青春 / Gloria   ★★★☆☆   (2013年)

監督:セバスティアン・レリオ

出演:パウリ―ナ・ガルシア、セルヒオ・エルナンデス、マルシアル・タグレ、ディエゴ・フォンテシージャ

離婚して、子供たちもそれぞれに自立し、働きながら残された人生を楽しもうとする中年女性は、同じように相手を探していたバツイチの男と出会うのだが...............ってな、大人の恋愛を描いたドラマ?!

出会いを求めていたときに、お互いに惹かれあって付き合うようになった相手だったが、彼は別れた妻や娘たちのことばかり気にして........ってなことで、バイタリティ溢れる中年の女性が、新たな人間関係に悩み、苦しみながらも生きて行く姿をってなとこなんかな。

いくつになっても恋をして、人を愛し、時に傷つきながらも、それでも誰かを求める、そんなことを主人公の姿をとおして描いてるんやろね。

こうやってボーっと日々を過ごしてる自分にとっては、ちょっと見習わんとって思ったりして............(笑)

年を重ねると、いろんな余計なことを考えてもうたり、しがらみができてもうたりで、若い頃の勢いだけの恋愛ってのは、今思うと羨ましかったりするんよなぁ................難しいもんやね?!

« 『家路』 | トップページ | 『ハミングバード』 »

映画」カテゴリの記事