« 『MI5:消された機密ファイル』 | トップページ | 『サプライズ』 »

2014年12月 9日 (火)

『オー!ファーザー』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、売れっ子作家の伊坂幸太郎の小説が原作になってるらしく、それを売れっ子のイケメン若手俳優の岡田くんと、同じく売れっ子の若手女優の忽那くんをメインにしつつ、脇を固めて作られてるんよね。

4人の父親役のなかで、パチプロ父ちゃんを演じてる河原雅彦ってひとが妙に気になったんやけど、このひと映画の脚本や舞台の演出で結構、名前が売れてるひとらしい。でもって、女優ともさかりえの元ダンナなんやって。

そんな、どうでもいい(?)情報も交えながら、作品の感想は........................?!

オー!ファーザー   ★★★☆☆   (2013年)

監督:藤井道人

出演:岡田将生、佐野史郎、河原雅彦、村上 淳、宮川大輔、忽那汐里、賀来賢人、古村比呂、駿河太郎、長江英知、柄本 明、矢島健一、橋本マナミ

自分を身籠った母親が、その時に4股をかけていたために4人の父親と同居している高校生は、ある日、目の前で何者かが他人のカバンをすり替えるのを目撃し、そこから事件に巻き込まれ................ってなコメディ調のサスペンス(?)ドラマ?!

元ホストにパチプロ、体育教師に大学の教授、個性的な4人の“父親”に育てられた男子高校生が、彼らに助けられながら、とある事件の真相に迫る様をおもしろ、おかしくってとこなんかな。

始まった瞬間に“吉本興業”って文字を見たときは、正直“やってもうたかぁ.......”って思ったんやけど、くだらないながらも、それなりに楽しめたかな(笑)

父親役の面々が、それなりにキャラ立ちしてることで、程よく話を盛り上げる要素になってるところがエエんかも。自分のところの芸人を混ぜてくるところが吉本やなぁ.......とは思うんやけど。

それと、まったくの脇役なんやけど、なんかね、久しぶりに古村比呂が演技してるのを見て、感慨にふけってもうたよ。若い頃はかわいらしかったんやけどなぁ.............自分も年取ったわ...............!(苦笑)

« 『MI5:消された機密ファイル』 | トップページ | 『サプライズ』 »

映画」カテゴリの記事