« 『New York 結婚狂騒曲』 | トップページ | 『フリーダム・ライターズ』 »

2014年12月 5日 (金)

『KILLERS/キラーズ』

今日は、日本とインドネシアの合作映画をひとつ、ご紹介♪

今、アジアの映画でインドネシアが密かに(?)熱いらしい。そのブームの先駆けとなったのは、以前に紹介した『レイド』っていうアクション映画なんやけど、その監督を務めたイギリス人監督のギャレス・エヴァンスが製作総指揮を務めてるのが、この作品なんよ。

そんな作品に日本から参加してるのが、“目力で勝負する役者”(......と勝手に呼んでるやけど)こと北村一輝くんで、実はエヴァンス監督の作る続編にも、松田家の長男坊と一緒に出演してるらしく、どうやら世界相手に持ち前の目力でニラミを利かそうってことらしい(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

KILLERS/キラーズ / Killers   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ティモ・ジャイアント、キモ・スタンボエル

出演:北村一輝、高梨 臨、オカ・アンタラ、ルナ・マヤ、でんでん、黒川芽以、レイ・サヘタピー

若い女性を拉致し、残虐な方法で殺し、その映像をネットに流す東京の猟奇殺人犯と、そんな彼の動画を偶然目にしたインドネシアのジャーナリスト。正義感の強い彼だったが、たまたま強盗に襲われた際に犯人を殺してしまい、それがキッカケで抑えきれない感情が芽生え..........ってなホラー系のバイオレンスもの?!

東京とジャカルタ、それぞれで殺人に魅せられた男たちが、手を赤く染めていく.........ってなことで、ちょっとエゲツない映像の連続やった(苦笑)

北村くんは、持ち前の“目力”を存分に発揮しつつ、キレキレに暴れまくり、いい具合に狂気を体現してたかな。

もう少しテンポのいい、スタイリッシュな展開を期待したんやけど、どちらかというとグロ優先で、その点が少し惜しかったね。

そんな殺伐としたドラマのなかで、高梨くんがエエ具合に“癒し”やったなぁ................ナイスやった♪(笑)

« 『New York 結婚狂騒曲』 | トップページ | 『フリーダム・ライターズ』 »

映画」カテゴリの記事