« 『複製された男』 | トップページ | 『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』 »

2015年1月15日 (木)

『友よ、さらばと言おう』

今日は、フランス映画をひとつ、ご紹介♪

フランスの“ノワール系(犯罪ドラマ)”の監督さんでお気に入りなのは、このブログで何度も取り上げてるオリヴィエ・マルシャル監督なんやけど、彼に次いで個人的に注目してるのが、この作品で監督をしてるフレッド・カヴァイエくんなんよ。

以前に紹介した、この作品の主役ヴァンサン・ランドンとダイアン・クルーガーが共演した『すべて彼女のために』や、同じくこの作品に出演してるジル・ルルーシュと“スペインのミューズ”エレナ・アナヤが共演した『この愛のために撃て』と、これが3作目ではあるんやけど、いずれの作品でも高いクオリティで才能を証明してるんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

友よ、さらばと言おう / Mea Culpa   ★★★★   (2014年)

監督:フレッド・カヴァイエ
出演:ヴァンサン・ランドン、ジル・ルルーシュ、ジル・コーエン、ナディーン・ラバキー、メディ・サドゥン、マックス・べセット・ドゥ・マルグレーヴ

飲酒運転で死亡事故を起こしてしまい、懲戒免職になった元刑事は、母子を死なせてしまったことで自責の念にかられ、妻と息子と離れて暮らしていた。そんなとき、たまたま息子が殺人事件の現場を目撃してしまい、犯人から狙われることに............ってなクライム・アクション?!

最愛の息子を守るためにマフィアと対峙する男と、そんな彼を支えるかつて相棒だった刑事、緊迫した攻防の末に明らかになった真実とは..............ってなことで、今回もカヴァイエくんの見事な手腕が炸裂なんよ。

何がスゴイって、過去により家族と向き合えない男の苦悩をしっかりと描きながら、そこに緊迫したアクションを無駄なく加えて、90分という時間のなかで硬軟織り交ぜながら、濃厚なドラマを作り上げてるところがたまらんのよね。

絶妙な効果音を駆使してアクションを盛り上げながらも、偏りすぎることなくドラマで魅せる、お見事としか言えんよなぁ?!

いかん、もう完全に“カヴァイエ中毒”になってるかも................♪(笑)

« 『複製された男』 | トップページ | 『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事