« 『ゴーン・ガール』 | トップページ | 『ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち』 »

2015年1月 4日 (日)

『寄生獣』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、原作は80年代後半から90年代に連載されてたコミックらしく、どういうわけかハリウッドのニュー・ライン・シネマが映画化権を保有したまま製作されずにいて、その後、東宝が権利を買い、今回の映画化になったらしいんよ。

原作はまったく知らないし、TVでアニメ版がやってるってのも知らないもんやから、監督が“映像バカ”の山崎くんという時点で、ちょっと興味がなくなってもうてたんやけど、染谷くんの主演作ってことで、とりあえず暇つぶし程度の気持ちで鑑賞したってわけ。

ということで、そんな作品の感想は...........................?!

寄生獣   ★★★☆☆   (2014年)

監督:山崎 貴
出演:染谷将太、橋本 愛、深津絵里、國村 隼、山中 崇、東出昌大、池内万作、岩井秀人、螢 雪次朗、余 貴美子、北村一輝、浅野忠信、(声の出演)阿部サダヲ

食物連鎖の頂点に立つ人間だったが、そんな人間の脳に寄生し、体を支配した上で人間のみを捕食する新種の生物が現れ、次々と人を殺していく。たまたま脳ではなく右手に寄生してしまった高校生は、その寄生生物と一緒に戦うことに.............ってなSFもの?!

出だしからインパクトのあるエグさで、思わずオイオイってツッコミを入れてもうたんやけど、原作をまったく知らないことが功を奏したのか、これ、なかなかオモロかったね(笑)

主役の染谷くんの良さが上手く出てるキャスティングの妙ってのがあるんやろうと思う。冴えないダメ高校生が、戸惑いながらも運命を受け入れ、悲しみを乗り越えて戦う、そんな姿を見ながら、こっちも力が入ってもうたよ。

でもって、まだ演技がちょっとビミョーな若手の人気イケメン俳優があんなことに....................なんてのもあったりで、いろいろと楽しめるのかもね(笑)

環境を破壊し続け、ごみをまき散らす人類への警鐘.........なんてテーマは置いといて(?)、まさか山崎作品を楽しんでる自分ってのに複雑な心境を覚えつつも、単純に染谷くん演じる主人公の今後が気になる後篇が、なんや楽しみになってきた!?(笑)

« 『ゴーン・ガール』 | トップページ | 『ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事