« 『ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち』 | トップページ | 『アデル、ブルーは熱い色』 »

2015年1月 6日 (火)

『誘拐少女』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、SDPといって、芸能プロダクションのスターダスト・プロモーションの作った作品らしく、オープニングでその文字を画面で見た時に、「あぁ、やってもうた.........」って一気に気分が盛り下がってもうた(苦笑)

とは言いつつ、主演のふたりの所属タレントさんは、TVドラマや映画なんかにもパラパラと出演してるようで、それなりに事務所も押してるんやろね。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

誘拐少女   ★★☆☆☆   (2014年)

監督:菱沼康介
出演:高橋春織、浅見姫香、緑川良介、森田彩華、田中登志哉

父親によるDVで幼い頃に両親が離婚し、今は母親と一緒に暮らしている高校生の姉と中学生の妹。未だにトラウマに苦しむ彼女たちは、父親への復讐のために、家に忍び込んで金を盗もうと計画するのだが..............ってなドラマ?!

小さい頃の記憶を忘れることができずに悩む姉妹の決意、しかし事態は思わぬ方向に..........ってことで、過去と決別するために必死になる女の子たちの奮闘をってことなんやろうけど、う~ん、まさにスターダスト・プロモーションの所属タレントの宣伝のための作品やったね(苦笑)

主役のタレントさんたちの“ぎこちない”演技は大目に見るとしても、話の内容にしても、意味不明な演出にしても、全体的にどうにもならない低レベルやった。

それでも、こうやって所属タレントのキャリアに書くことができて、思い出作りにはエエかもしれんけど、これで金払って観るひとがいるかと思うと、ちょっと考えてまうよなぁ(苦笑)

彼女たちに興味がなければ、ほとんど観る意味はないような..................?!

« 『ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち』 | トップページ | 『アデル、ブルーは熱い色』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事