« 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 | トップページ | 『ゴーン・ガール』 »

2015年1月 2日 (金)

『MONSTERZ モンスターズ』

新年1発目が“おススメ初め”やったんで、二日目は“けなし初め”ってことで、そんな目的にぴったり(?)な邦画をひとつ、ご紹介♪

中田秀夫といえば“リング”のシリーズなわけで、Jホラーを広めたひとってことで評価はされてるみたいなんやけど、ハリウッドで成功した日本人監督みたいな取り上げされ方をされることもあるみたいで、その勘違いブリが個人的には受け入れがたいんよなぁ。

そんなわけで、この作品の場合、主演の同じく勘違いの役者さんもあり、鼻からケナス気満々で鑑賞してるもんやから、まぁ、作品の評価としては、相当な個人的な偏見が入りまくった上でってのは、最初に言っとくか(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

MONSTERZ モンスターズ   ★★☆☆☆   (2014年)

監督:中田秀夫
出演:藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、松重 豊、木村多江、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、三浦誠己、藤井美菜、森下能幸、川尻達也、平山祐介

見た相手を思いのままに操ることのできる男は、ある日、ただ一人、自分の特殊な能力が通用しない男がいることに気づき、何とか彼を殺そうとするのだが............ってなドラマ?!

オープニングで木村多江に思いっきり不幸をしょわせるあたり、これはひょっとして.........なんて期待をもたせたんやけど、やっぱりグタグタやったね(苦笑)

意外性のある設定のドラマで、狂気や孤独を軸にドラマを組み立てってことなんやろうけど、いろいろと中途半端なんよ。

視線を切ったら呪縛が解けるハズが、明らかに視界に入ってない人までフリーズしてもうたり、なんや思わずツッコミ入れてまうやんか(笑)

相変わらず力みまくった藤原くんの演技が、実に程度の悪いコメディのようで、彼は一体いつまでこの成長のない演技で押し通せるんやろうって、ちょっと余計な心配をしてもうたよ?!

« 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 | トップページ | 『ゴーン・ガール』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事