« 『やわらかい手』 | トップページ | 『あと1センチの恋』 »

2015年1月 9日 (金)

『女子ーズ』

今日は、ちょっとぶっ飛んだ(?)邦画のコメディをひとつ、ご紹介♪

普通やったら、まずレンタル屋でさえスルーするような内容とキャストやったんやけど、他の作品をレンタルした際に目にした予告が少し気になって、ついウッカリと手にしてもうたんやけど、いやぁ~、まさかこんな作品をおススメすることになるとは............想定外やった(笑)

とはいえ、監督は以前におススメした鈴木亮平くん主演の『HK/変態仮面』の福田くんってことで、彼のあまりにもベタすぎる、究極的にアホらしいノリが、ひょっとして個人的にツボなだけかもしれんね(苦笑)

というわけで、万人受けするハズはないと分かっていながらも、とりあえず試しにおススメで.........................?!

女子ーズ   ★★★★   (2014年)

監督:福田雄一
出演:桐谷美玲、有村架純、藤井美菜、高畑充希、山本美月、佐藤二朗、大東駿介、安田 顕、岡田義徳、黄川田将也、きたろう

ただ名前に色が入ってるという理由だけ(?)で集められた女だけの戦隊“女子ーズ”は、宇宙から地球征服のためにやって来た怪獣たちを相手に世界平和のために戦うのだが................ってな戦隊ヒーローものをネタにしたコメディ?!

いやぁ~、まさかと思ったんやけど、どういう訳か、いい具合にツボに入ってもうたよ(笑)

超生真面目なOLに世間知らずな超お嬢様、貧乏なガテン系女子に渋谷系のギャル、そして大根役者の劇団員、あまりにもユルすぎるキャラの女の子たちが、脱力系でヒロインを演じるところがオモロイんよ。

キャスティングも上手くハマってて、特に桐谷くんの空回りブリが見事で、シリアスものでは全く評価してなかったんやけど、案外、コメディで活きるかもしれんね。

とことんオフビートなノリと、ムダに暑苦しい部分と究極のテキトーさ、いろんなものが絶妙のバランスで組み合わさって生み出される、何とも言えない笑い、まぁ、ちょっと褒めスギなきらいはあるんやけど、期待してなかっただけに、余計にインパクト十分やった!?

« 『やわらかい手』 | トップページ | 『あと1センチの恋』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事