« 『ビッグ・アイズ』 | トップページ | 『あなたとのキスまでの距離』 »

2015年2月 1日 (日)

野球にまつわるちょっとエエ話 ② 『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』

金曜日に紹介した『アゲイン 28年目の甲子園』に引き続き、劇場で公開中の作品のなかから、もうひとつ高校野球をネタにした感動ものを、今日はご紹介♪

高校野球って数々のドラマを生み出してきたわけやけど、実は日本が海外に植民地を作ってた時代には、外地でも予選が行われ、朝鮮、満州そして台湾の代表が出場してたらしく、初出場で決勝戦まで行ったチームの話がネタになってるのが、この作品なんやって。

監督さんは、もともと役者をしてるひとみたいで、これが監督作としてはデビュー作になるんやって。そんな監督さんを支えてるのが、『海角七号/君想う、国境の南』って作品で知られるウェイ・ダーションくんで、製作と脚本を担当してるんよね。

この作品、本国台湾で大ヒットしたらしく、台湾の有名な映画賞である金馬奨で主要6部門でノミネートされ、永瀬くんも日本人として初めて主演男優賞にノミネートされたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

KANO ~1931海の向こうの甲子園~ / Kano   ★★★★☆   (2014年)

監督:マー・ジーシアン
出演:永瀬正敏、坂井真紀、ツァオ・ヨウニン、チェン・ジンホン、大倉裕真、シェ・ジュンチャン、チェン・ビンホン、大沢たかお、小市慢太郎

1931年、日本が統治していた台湾で、農村地帯にある1勝もしたことのない嘉義農林学校の野球部に、ひとりの鬼監督がやって来る。甲子園を目指すと宣言した彼の指導により、チームは力をつけていくのだが.............ってな、実話を基にしたドラマ?!

これ、初出場の台湾の高校生が甲子園の舞台に立ち、そして決勝まで行った、そんな奇跡のような実際にあった話をネタにしてるんよ。

日本人だけやなく、いろんな民族の混成チームにもかかわらず、仲間を信じ、野球を愛する気持ちで団結した青年たちが、ボールを追いかけて一生懸命に頑張る姿を見てると、なんやごっつい熱い気持ちにさせられるんよ。

いろいろな困難を乗り越えながら、着実に成長していく選手たちを応援しながら、最後はとめどなく涙があふれ出してもうて...............(号泣)

かつての弱小チームが挑む、異国での大舞台、爽やかなスポーツマンシップと野球への愛が詰まったドラマは、ステキな余韻と深い感動をもたらしてくれるんよなぁ!?

« 『ビッグ・アイズ』 | トップページ | 『あなたとのキスまでの距離』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事