« 『2つ目の窓』 | トップページ | 『はじまりのうた』 »

2015年2月14日 (土)

『トランスフォーマー/ロストエイジ』

バレンタインデーには恋愛映画でも........なんてことは、モテないハゲおやじには全く関係なく、むしろムキになってアクションもので押してみる、そんな“自分で傷口に塩をコッテリと塗る”ような、ステキ(?)な週末をこの作品で演出してみたりして.................(笑)

祝!ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)ノミネートってことで、トランスフォーマーといえばラジー賞やね。今回もみごとに期待を裏切ることなく、最低作品から最低監督、助演男優と助演女優その他、トータルで8部門にノミネートされてるんよ。

まぁ、そうは言いながら、この作品のノミネートはラジー賞の“お祭り”みたいなもので、アメリカでの興収はそれほど悪くなく、世界規模の興収でいけば、十分に掛けた金は回収してるっぽいところが大したもんやなぁって思う。

というわけで、そんなキャストが一新されたシリーズ最新作の感想は..................?!

トランスフォーマー/ロストエイジ / Transformers: Age Of Extinction   ★★☆☆☆   (2014年)

監督:マイケル・ベイ
出演:マーク・ウォルバーグ、ニコラ・ペルツ、ジャック・レイナ―、スタンリー・トゥッチ、リー・ビンビン、ソフィア・マイルズ、(声の出演)ピーター・カレン、渡辺 謙、ジョン・グッドマン

シカゴでの激闘から5年の月日が流れ、人類はオプティマス率いるオートボットとも手を切り、逆に彼らを捕獲する作戦を進めていた。廃品回収をしてロボットを作っている男は、ある日、ボロボロのトラックを見つけ、買い取るのだが............ってなシリーズ第4弾?!

オプティマスを助けたことでCIAから命を狙われることになった親子が、とある企業が絡んだ陰謀を突き止めようとするのだが........ってなことで、ハラハラドキドキのアクションが.......ってなるハズやったんやけど........(苦笑)

確かに相当な金をかけて作ってるだけに、仕掛けはかなり派手なんやけど、どうにもムダが多すぎて、途中で飽きてもうたよ。どう考えても165分も尺を使うような内容やないんと違うかな。

それに、このシリーズ、どうもヒロイン役がビミョーなんよ。今回はマークくん演じるオヤジの娘役が、スタイル重視なのか、サッパリ華がないんよなぁ(苦笑)

キャストが変わったことで、もっとドラマ性を強めてくるのかと思いきや、前作以上に中身がカラッポになった感のある仕上がりを見て、毎度のシャレのノミネートやなく、これはホンマにラジー賞の最有力かもって思ってもうたよ(笑)

あと、邦題、なんや意味が変わってもうてる気がするんやけど..............まぁ、真剣にツッコミを入れるようなものでもないんやけど?!

« 『2つ目の窓』 | トップページ | 『はじまりのうた』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事