« 『インサイド・ディープ・スロート』 | トップページ | 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 »

2015年2月20日 (金)

『るろうに剣心 伝説の最期編』

今日は、邦画の大作(?)シリーズの結末をひとつ、ご紹介♪

『るろうに剣心』から始まり、続編の前半『るろうに剣心 京都大火編』ときて、正直、個人的にはさして盛り上がるものもなく、どうでもエエかなぁとは思いつつ、とりあえず最後は“伝説”なんやってツブヤキながら、レンタル屋で手にしてみたってわけ(笑)

内容をどう判断するかは別にして、興収的には大ヒットってことなんやろうから、公開前にキャスティングがどうしたこうしたって、原作のファンからいろいろ言われてたことを考えれば、ひとまず成功ってことなんやろう。

時代劇と言って、こういうのしか作れないってのは、映画ファンとしては少し寂しい気持ちもあるんやけど、とりあえずは、そんな作品の感想を.............................?!

るろうに剣心 伝説の最期編   ★★★☆☆   (2014年)

監督:大友啓史
出演:佐藤 健、武井 咲、藤原竜也、青木崇高、蒼井 優、神木隆之介、福山雅治、江口洋介、小澤征悦、土屋太鳳、滝藤賢一、高橋メアリージュン、小市慢太郎、田中 泯、窪田正孝、伊勢谷友介、大八木凱斗

明治政府を倒して国家征服を企む志々雄一派は、浦賀沖に到着し、政府に対して剣心を殺すよう要求する。その頃、師匠に助けられた剣心は、凶悪な敵を倒すため、奥義を教えてくれるよう頼むのだが...........ってなシリーズ最終章?!

京都での激闘(?)から舞台は東京(方面)へ...........宿命の対決の結末は..................ってなことで、熱いバトルが繰り広げられるわけやけど、まぁ、細かい部分の設定が雑すぎて、ツッコミどころ満載な話やね(笑)

いくつかの“対決”を描いたアクションシーンが、きっと自慢したいポイントなわけで、それなりにワイヤーを利かせて(?)、うまく音楽を使いながら盛り上げるあたりは、なかなか気合いが伝わってきたかな。

しかし、話のほうはと言えば、“武装集団の勢力が.....”っていう割に、冷静に考えると船1隻にビビりまくる明治政府の軍事力って、どうなんやろね。戦闘シーンでも、あまりの人の少なさに、思わず“このスケール感はないやろう”ってツッコミを入れてもうたよ(苦笑)

細かいことは考えずに、イケメンを揃えて、華麗に刀を振り回し、そんなクールで非現実的なアクションで魅了する........要はそれを楽しめればエエんやろね。

まぁ、原作を知らず、イケメンにもなれないハゲおやじの卑屈な心では、あまり中身のないド派手なチャンバラとしか映らんかったかなぁ...............?!(苦笑)

« 『インサイド・ディープ・スロート』 | トップページ | 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事