« 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 | トップページ | 『博士と私の危険な関係』 »

2015年2月22日 (日)

『アメリカン・スナイパー』

今日は、アカデミー賞の候補にもなってる、劇場での公開が始まったばかりの作品をひとつ、ご紹介♪

クリント・イーストウッドの監督最新作でもあるこの作品は、間もなく発表のアカデミー賞で、作品賞、主演男優賞、脚色賞の主要3部門を含む、6部門でノミネートを受けてるんよ。

アカデミー賞の候補に入れるために、時期を狙ってアメリカで公開された作品は、ノミネーションの効果もあってか、興行的に大成功を収めてるってことらしく、アカデミー賞でも大穴の候補なのかも。

というわけで、そんな話題作の感想は........................?!

アメリカン・スナイパー / American Sniper   ★★★☆☆   (2014年)

監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ケヴィン・レイス、カイル・ガルナー、ジェイク・マクドーマン、コリー・ハードリクト、ベン・リード、サミー・シーク、ナヴィド・ネガーバン

頻発するテロに国家の安全が脅かされていることを知り、愛国心からネイビー・シールズに志願し、イラクでの戦闘に4度参加した、実在の“伝説”のスナイパーの男を描いたドラマ?!

戦場では、仲間を守るため、冷徹に“仕事”をこなす男、そんな彼にも美しい妻や子どもたちがおり、戦争に心を囚われていく自分に気づきながらも、心の平静を保とうと苦悩するのだが..........ってなことで、ひとりの男の生き様を通して、戦争について考えるってことなんかな。

国家のため、そんな大義名分のなかで、戦場で英雄となっていく男、そんな彼の心のなかでは、簡単には整理できない複雑な感情がってな感じで、ブラッドリーくんが主人公を熱演してるんよ。

演技としては悪くないんやろうけど、どうもブラッドリーくんというとハメをはずすコメディ系のイメージが強すぎて、終始シリアスに頑張る姿ってのは、どこか物足りなさを感じてまうんよなぁ(苦笑)

あと、妻役を演じるシエナくん、こんなに演技が下手やったんやね.............残念ながら、ちょっと拙すぎて、“家族ドラマ”としてのインパクトが弱かったかも。

戦場の英雄の内なる苦しみを描くことで、イーストウッド監督ならではの問題提起がなされてるってことやとは思うんやけど、きっと実際に身近な人たちが命がけで戦ってるアメリカ人には伝わることもあると思いつつ、個人的には少し響くものがなかったかもね?!

« 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 | トップページ | 『博士と私の危険な関係』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事