« 『我が道を往く』 | トップページ | 『春を背負って』 »

2015年2月 9日 (月)

『バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち』

今日は、音楽にまつわるドキュメンタリーものをひとつ、ご紹介♪

この作品、2013年のアカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞してて、他にもインディペンデント・スピリット賞や放送映画批評家協会賞なんかでもドキュメンタリー賞を受賞してるんやって。

スプリングスティーンやミック・ジャガー、スティーヴィー・ワンダーにスティングといった有名アーティストがインタビューに答えてたり、懐かしい映像なんかもあったりで、音楽好きにはたまらん作品やった。

というわけで、そんな作品の感想は.................?!

バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち / 20 Feet From Stardom   ★★★★   (2013年)

監督:モーガン・ネヴィル
出演:ダーレン・ラブ、ブルース・スプリングスティーン、リサ・フィッシャー、メリー・クレイトン、タタ・ヴェガ、スティーヴィー・ワンダー、ミック・ジャガー、スティング、クラウディア・リニア、ジュディス・ヒル、シェリル・クロウ、ベット・ミドラー、クリス・ボッティ

レイ・チャールズやデヴィッド・ボウイ、スティングやストーンズ、ヒットを飛ばす人気アーティストの数々の曲でバックコーラスとして歌う人たち。同じように音楽の才能に恵まれながらも、バックで歌う人々にスポットライトを当てたドキュメンタリー?!

華やかな音楽の世界で、誰もが知ってる曲で歌いながらも、そのほとんどの場合、世間には名前すら知られないバックコーラスの人たち。彼らへのインタビューから、ソロとバックの距離を描いた作品は、まさに音楽業界の光と影を映し出してるようで、かなり興味深いものやった。

トップ・アーティストたちに認められ、請われて一緒に歌っても、自分の名前が大きくクレジットされることはない。厳しい現実のなかで、たとえ夢に描いた成功を手にできなくても、それでも音楽が好きで、歌わずにはいられない、そんな彼らの音楽への情熱が伝わるんよなぁ。

声そのものが感情のこもった楽器であり、音楽をより完成度の高いものにする、そんな想いが彼らを支えてるんかもしれんね。

それにしても、あのルーサー・ヴァンドロスがデヴィッド・ボウイの曲でバック・コーラスをしてたとはなぁ...........ちょっと驚きやった♪(笑)

« 『我が道を往く』 | トップページ | 『春を背負って』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事