« 『胸騒ぎの恋人』 | トップページ | 『めぐり逢わせのお弁当』 »

2015年3月31日 (火)

『リュウグウノツカイ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の元ネタになってるのは、アメリカの漁村で起きた女子高生による集団妊娠事件なんやって。実際にそんなことがあったのかって思うと、ちょっと驚きではあるんやけど。

監督さんは、これが劇場映画のデビューとなるひとらしく、ゆうばり国際ファンタジック映画際で北海道知事賞なる賞を受賞したらしい。

というわけで、そんな作品の感想は............................?!

リュウグウノツカイ   ★★☆☆☆   (2013年)

監督:ウエダアツシ
出演:寉岡萌希、武田梨奈、菅原瑞貴、佐藤 玲、樋井明日香、相葉香凛、石崎なつみ、古館寛治、菜葉菜、高木古都、小野木里奈

開発の影響で不漁が続く、貧しい漁村にある高校に通う女子高生たちは、仲間のうちの2名が妊娠し、他の全員も子どもを作って、“自分たちだけの国”を作ろうと決意するのだが.................ってなドラマ??

飲んだくれの父親や、開発業者の娘など、小さなコミュニティのなかで、悩みを抱えながら日々を過ごす女子高生たちが、突然に大胆な行動に出て...........ってなことで、意外性のあるストーリーでインパクト勝負ということなんかな(苦笑)

悩みやストレスを思いもよらない方向に発散(?)する10代の女の子たちのエキセントリックな思考で、カオスのなかの非現実的な世界を描こうってことなんやろか。

妙にポップでチープさが鼻につくノリと、キワもの狙いのストーリーにまったくついて行けず、なんや疲れてもうたよ。

若いエネルギーの衝動を表現したいのかもしれんけど、なんかちょっと違うように思うんやけどね。あと、黒帯の武田くんがアクションなしなのはどうよってツッコミながら観てたら、ビンタ一発やったね(笑)

話題性だけが先行して、さして中身のない作品のように個人的には思うんやけどなぁ.............中途半端に年を取ってもうたからなんかなぁ.............?!

« 『胸騒ぎの恋人』 | トップページ | 『めぐり逢わせのお弁当』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事