« 『太陽の坐る場所』 | トップページ | 『プレステージ』 »

2015年4月11日 (土)

『BOY A』

今日は、ちょっとシリアスなイギリス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品を監督してるジョン・クローリーくんは、実は、ちょこっと前に紹介したエリック・バナ主演の『クローズド・サーキット』って作品を撮ったひとでもあるんよ。

“アメイジング(?)”なスパイダーマンのシリーズで主役を演じてるアンドリュー・ガーフィールドくんの初主演作がこの作品で、英国アカデミー賞で主演男優賞を受賞したんよなぁ。

ジョン・クローリーも監督賞を受賞して、ベルリン国際映画祭でも賞を受賞したりして、いろんなところで評価をされた作品なんよね。

というわけで、そんな作品の感想は................................?!

BOY A / Boy A   ★★★☆☆   (2007年)

監督:ジョン・クローリー
出演:アンドリュー・ガーフィールド、ピーター・ミュラン、ケイティ・リオンズ、ショーン・エヴァンス、ジェレミー・スウィフト、アルフィー・オーウェン

10代の時に女の子を殺し、長い間、更正施設にいた青年は、彼のことを知る者のいない、新しい町で新しい名前で人生をやりなおすことに。就職もして、すべては順調に滑り出したと思ったら、彼のことを“悪魔の子”として執拗にその行方を探す“社会”に、次第に追い込まれていく.............ってな社会派ドラマ?!

なんかね、いろいろと考えさせられてまうよなぁ。被害者の立場に立てば、そりゃ簡単には赦せないんやろうし、かといって、悔い改めて、前に進もうとする少年の姿を見れば、助けてあげたいという気持ちにもなるしね。

本人を知らず、事件だけから判断する“大衆”は、結局は恐怖に慄き、“魔女狩り”をしてまうんやろうしなぁ。もちろん、決して過去は消えないわけやから、犠牲者のことを心に留めて、生きていかなアカンと思うけど、過去のことで、未来をすべて否定してしまうのは、やっぱり悲しすぎると思う。

まぁ、こうやってとってもヘビーなテーマで描かれるドラマは、ズッシリと後で心に残るものがあって、なかなかの作品やったね!?

« 『太陽の坐る場所』 | トップページ | 『プレステージ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事