« 『プレステージ』 | トップページ | 『幻肢』 »

2015年4月13日 (月)

『ギミー・シェルター』

今日は、(たぶん)劇場未公開の作品のなかから、ちょっと“拾い物”なドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品で主役を演じてるヴァネッサ・ハジェンズといえば、アメリカで大ヒットしてた『ハイスクール・ミュージカル』でヒロインを演じてた女優さんなんよ。

共演してたザック・エフロンとは、プライベートでも付き合ってたなんてニュースもあったように思うんやけど、シリーズが完結して、しばらくしてから別れてもうたみたいやね。

あの頃は歌って踊って大騒ぎしてた子が、まったく違う役柄で、観終わってキャストを調べてて初めて気づいたってくらい気合いの入った(?)演技を見せてくれる作品の感想は.......................?!

ギミー・シェルター / Gimme Shelter   ★★★★   (2013年)

監督:ロン・クラウス
出演:ヴァネッサ・ハジェンズ、ブレンダン・フレイザー、ロザリオ・ドーソン、アン・ダウド、ジェームズ・アール・ジョーンズ

薬物中毒の母親から虐待され、耐えられずに家を飛び出した女の子は、会ったこともない実の父親を訪ねるが、受け入れてもらえず、盗んだ車で事故を起こして病院に入院し、そこでひとりの神父と出会い、10代の妊婦を支援するシェルターの存在を聞くのだが...............ってな、実在の人物をモチーフにしたドラマ?!

幼い頃に母親が刑務所に入り、以来、里親やシェルターを転々とし、辛い人生を歩んでいた女の子が見つけた“居場所”、なかなかズシリとくる話やった。

誰も信じることができず、心も体もボロボロになってた彼女が、ひとつの出会いをキッカケに、少しずつ前に歩き出す、そんな話にグッときてもうたよ。

鼻ピアスに刺青で相当な“やさぐれ感”を出して頑張ったヴァネッサくんは、これまでの“アイドル女優”の看板をかなぐり捨て、かなり頑張ってた。ジャンキーな母親を演じるロザリオくんの狂いっぷりも、なかなかやったしね(笑)

10代の妊娠ってのがどうなのって議論はあるんかもしれんけど、様々な事情があって、人生に絶望しかけた者たちが、他人の優しさを知り、自分の居場所を見つけて力を合わせて生きて行く、そんな場所があるってことはステキな話やし、ちょっと応援したくなってもうたよ?!

« 『プレステージ』 | トップページ | 『幻肢』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事