« 『脳内ポイズンベリー』 | トップページ | 『イニシエーション・ラブ』 »

2015年5月30日 (土)

『チャッピー』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、SFものをひとつ、ご紹介♪

この作品、監督をしてるニール・ブロムカンプくんが、『第9地区』を作ったひとやってことで大々的に宣伝をしてて、個人的には結構ハマってもうて、お気に入りの作品やっただけに、ジッとしてられずに劇場に走ったんよ(笑)

監督さんの作品には必ず出てくるシャールト・コプリーくんは、今回は姿が見えないと思ったら、主人公のロボット“チャッピー”の声とモーション・キャプチャーで出演てるんやって。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

チャッピー / Chappie   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ニール・ブロムカンプ
出演:デヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー、ニンジャ、ヨ=ランディ・ヴィッサー、ホセ・パブロ・カンティージョ、(声の出演)シャールト・コプリー

警察向けのヒト型ロボットを開発する青年は、感情を持つ人工知能(AI)の開発に成功し、ロボットにAIを搭載することを会社に提案するが却下され、内緒で廃棄処分の決まったロボットを使って実験を試みるのだが............ってなSFもの?!

ひょんなことからギャングの一味のアジトで誕生した人工知能を持つロボットは、自ら考え、成長していくが、周囲の影響をうけて、気がつくと犯罪の手助けをし...............ってなことで、一台のロボットと“彼”を取り巻く人たちとの関係を描いてるんかな。

科学の進歩により広がる無限の可能性と、その一方で機械によって支配される恐怖、そんなテーマを背景にしながら、感動のドラマをってといころが狙いなんやろうけど、う~ん、ちょっとツメの甘い仕上がりになってもうてた感じやね。

結末への持って行き方が少し強引すぎるもんやから、いろいろとシックリとこなくて、ダメなSFにありがちな、何でもアリなご都合主義の流れからは、残念ながら思ったほどの感動は生まれんかったかな(苦笑)

この監督さんらしく、それなりにアイデアで勝負しようっていう気概のようなものは、伝わらんこともなかったんやけどね...............?!

« 『脳内ポイズンベリー』 | トップページ | 『イニシエーション・ラブ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事