« 『グランド・セントラル』 | トップページ | 『不機嫌なママにメルシィ!』 »

2015年5月 5日 (火)

『陽気なギャングが気球を回す』

今日は、邦画のコメディものをひとつ、ご紹介♪

これ、人気作家の伊坂幸太郎の原作を映画化したものらしいんやけど、どうやらこの作品が映画になった最初みたいやね。まぁ、毎度のことながら、原作は未読なんで、原作のヒット具合はよう知らんのやけど。

中村義洋監督とのコンビで映画になった『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』『ゴールデンスランバー』『ポテチ』あたりは、なかなかのデキやったんやけど、『重力ピエロ』みたいに他の監督さんの場合、ビミョーなところもあったりで、どうなんやろね。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

陽気なギャングが気球を回す   ★★★☆☆   (2006年)

監督:前田 哲
出演:佐藤浩市、大沢たかお、鈴木京香、松田翔太、大倉孝二、古田新太、加藤ローサ、光石 研、木下ほうか、三浦知紘、大杉 漣、松尾スズキ

たまたま銀行強盗事件の現場に居合わせたことで知り合った4人は、自ら銀行強盗となり銀行から奪った金を、何者かに強奪されてしまうのだが.............ってな犯罪コメディ?!

他人のウソを見抜ける男、完璧な体内時計を持つ女、天才スリ師、そして演説の得意な男、それぞれに一芸を持った個性派集団は、自分たちの戦利品を奪った相手に勝負を仕掛けるのだが...........ってなことで、ドタバタのコメディが展開するんよ。

なかなか豪華な顔ぶれの出演に、ちょこっと期待する部分もあったんやけど、なんかクダラナイ内容に笑えないコメディと、サッパリ冴えんかった(苦笑)

むしろ舞台なんかでやるとオモロイのかもしれんけど、映画でこれをやられると、あまりにもアザとすぎて、シラケてまうんよなぁ。

そもそも、エンディングで流れる曲で和田アキ子をフィーチャーしたらアカンやろう..........なんて、本編とまったく関係のないところでツッコミを入れてみたりして(笑)

« 『グランド・セントラル』 | トップページ | 『不機嫌なママにメルシィ!』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事