« 『もしも君に恋したら。』 | トップページ | 『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』 »

2015年5月12日 (火)

『ワルボロ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

これ、原作はゲッツ板谷ってひとの半自伝的小説らしく、実はその続編の『ズタボロ』ってのが週末から公開されるっていうことで、ちょっと気になって1作目をレンタルしてみたんよ。まぁ気になってる理由ってのは、『HK/変態仮面』でヒロインを演じてた清水富美加くんが出演してるからなんやけど、彼女、最近はNHKの朝ドラでも頑張ってるしね。

ちなみに、この1作目が劇場で公開されてた当時は、ガッキーこと新垣くんに興味がなかったせいか、まったくのノーマークやったんやけど、よく見ると、松田家の次男坊の初主演映画がこれってことになるらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ワルボロ   ★★★☆☆   (2007年)

監督:隅田 靖
出演:松田翔太、福士誠治、木村 了、城田 優、新垣結衣、古畑勝隆、途中慎吾、武田航平、弓削智久、高部あい、温水洋一、ピエール瀧、戸田恵子、塩見三省、仲村トオル

勉強一筋で頑張ってきた中学生の男の子が、受験を控えた3年生の夏休みを前にしたある日、授業中に幼なじみとケンカしたことをキッカケに、突然の不良宣言をして.................ってな、コメディ調の青春ドラマ?!

優等生がワルになって、他行の不良中学生と小競り合いをしながら、仲間とケンカに明け暮れて大騒ぎってな感じで、なかなかの弾けっぷりやったよ。

時代設定が80年代ってことで、ちょうど荒れてた中学校をリアルタイムで体験してるだけに、そんなところでも楽しめてもうた。もちろん、自分なんかはヤンチャな学ランを着てる人たちを眺めてただけやったんやけど(笑)

これ、テーマは友情やら青春ってのがあって、そこにコメディ要素や淡い恋心なんかをツメ込んでて、アホらしいと思いつつ、何気に結構、盛り上がるんよ。

主演の松田家の次男坊は、出だしはイキがってる風を前面に、どこか調子のハズれたワルぶりなんやけど、ラストに向けてビシッと決めるところでは、なんや妙に突きぬけた表情を見せてくれて、そのカッコよさにドキっとさせられてもうた。

しかし..........未成年の喫煙を助長するものやないって言いながらも、あまりにもヘビー・スモーカーな中学生やったね(苦笑)

« 『もしも君に恋したら。』 | トップページ | 『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事