« 『バルフィ! 人生に唄えば』 | トップページ | 『NY心霊捜査官』 »

2015年5月15日 (金)

『近キョリ恋愛』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

いやぁ、この作品が劇場で公開されてるときに、“若者”たちで盛り上がってる風な感じがあって、最近、流行りの“壁ドン”系(勝手にそんなジャンル分けをしてみたりして...)で、オヤジ心にジェラシーが芽生えたわけでもないんやけど、少しだけ気になってたんよ。

どうやら人気の少女マンガが元ネタになってるらしいんやけど、当然のことながら、そんなものに縁もゆかりもないもんやから、まぁ、原作がどうのってのはサッパリ分からんのやけどね。

というわけで、その壁ドンでオヤジ心もときめかせてみるよってくらいの挑戦的(?)な気持ちでレンタル屋で手にした作品の感想は..........................?!(苦笑)

近キョリ恋愛   ☆☆☆☆   (2014年)

監督:熊澤尚人
出演:山下智久、小松菜奈、山本美月、新井浩文、水川あさみ、佐野和真、小瀧 望、古畑星夏、利重 剛、春海四方、矢柴俊博

成績優秀でありながら、人付き合いが苦手で感情をうまく出せない女子高生は、新任の英語教師に唯一苦手な英語の補習を命じられ、嫌々ながらも従うことに。イケメンで人気の先生に反発しながらも、今まで感じたことのない気持ちに戸惑うのだが................ってな、恋愛ドラマ??

う~ん、なんなんやろ。このあまりにも程度の悪いドラマに怒りすら覚える時点で、ひょっとして自分は完全なオヤジの域に達してしまってるのかっていう不安を感じてもうたよ。これを純愛やとか、ロマンチックな恋愛ドラマとは、とても言えないシロモノやった。

要するに教師と生徒の“禁断の愛(?)”を、適当な生ぬるさで某事務所タレントを使って美化してみせてるだけで、冷静に考えたら、金髪に近い茶髪のチャライ英語教師が、イタすぎるくらい自分大好きで、理不尽に恋を女子高生に押しつけてるだけで、これにキャ~キャ~言う心が理解できんかったよ(苦笑)

まぁ、冴えないハゲおやじのボヤキなのかもしれんけど、主演のふたりの演技の拙さは、目も当てられんくらいやし、こんな学芸会レベルのもので客から金を取れるってのは、観る側も作る側もホンマに邦画の将来を心配した方がエエんと違うかとって思ってもうた。

しかし、英語の発音が悪いって生徒に言ってる先生の英語が、モロにジャパニーズ・イングリッシュなところが笑えたね。ナイスなジョークやったよ(笑)

« 『バルフィ! 人生に唄えば』 | トップページ | 『NY心霊捜査官』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事