« 『ケープタウン』 | トップページ | 『スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方』 »

2015年6月21日 (日)

『海街diary』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、話題の邦画をひとつ、ご紹介♪

これ、まず是枝裕和が監督をしてるってことと、主役の4姉妹に売れ筋の旬な女優を揃えてきたってところで、話題になってたやんね。でもって、受賞はならなかったものの、カンヌ映画祭のコンペティション部門で上映され、女優陣がドレスを着てレッドカーペットを闊歩するなんて絵を見せられると、オオって思うやんか(笑)

そんな中、一番の若手の広瀬くんは、最近、CMなんかでも引っ張りだこのこようで、メディアへの露出の多さから、“事務所のごり押し”が過ぎるやとか、TVのバラエティ番組での発言が問題になったりで、少しネガティヴ・キャンペーンもあるようで、期待半分の不安半分やったんよ。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

海街diary   ★★★☆☆   (2015年)

監督:是枝裕和
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、鈴木亮平、加瀬 亮、リリー・フランキー、大竹しのぶ、風吹ジュン、池田貴史、堤 真一、キムラ緑子

15年前に不倫の末に家を出て行った父親が亡くなったとの知らせを受け、鎌倉で暮らす3姉妹は、父親が住んでいた山形での葬儀に出席し、そこで腹違いの中学生の妹と出会う。父を失い、義理の母親とその連れ子と暮らすことになる彼女に、3姉妹は鎌倉で自分たちと一緒に暮らすことを提案するのだが................ってな家族ドラマ?!

鎌倉にある、ちょっと古い一軒家で仲良く暮らす3姉妹と、彼女たちの父親を奪った女を母に持つ、少し年の離れた妹、ひとつ屋根の下で、一緒に食事をし、時間を共有しながら、次第に打ち解けていく“家族”の姿を綴った物語ってとこなんかな。

これ、さすが是枝くんやなぁって思ったのは、なかなかキャスティングに妙味があるところなんよ。観る前は、少しどうなんやろうって不安もあったんやけど、妹たちの面倒を見る、しっかり者で少し頑固な長女、自由奔放で気の強い次女、ちょっとエキセントリックで、とってもマイペースな三女、それぞれが役柄にハマってて、いい掛け合いを見せてくれてるんよなぁ。

そんでもって、注目の広瀬くんはと言うと、妙にキラキラした目をしてて、そんな表情がしっかりとカメラで捉えてるのを見ると、監督さんがオーディションで惚れこんだのも分からんでもないなぁって思ったよ。

作品としては、まさに“diary =日記”なわけで、少し淡々とした流れのなかで、4姉妹の日常を切り取りながら、1年間のドラマを紡いでいく形で、ドラマチックな展開を期待すると退屈してまうのかもしれんけど、これはこれで味のあるデキやったと個人的には思うんよ。

だいたい、こんな4姉妹が知り合いにおったら、そりゃ男としては盛り上がるやろぉ..............なんて、余計な妄想してもうた?!(笑)

« 『ケープタウン』 | トップページ | 『スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事