« 『プリズン・オフィサー』 | トップページ | 『オオカミは嘘をつく』 »

2015年7月29日 (水)

『サンバ』

今日はフランス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、日本でも大ヒットした『最強のふたり』のエリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督とオマール・シーが再びタッグを組んだってことで、少し話題に(?)なったらしい。

フランスのアカデミー賞にあたるセザール賞では、イジア・イジュランが助演女優賞にノミネートされたらしいんやけど、このトリオによる前作の盛り上がりを考えると、寂しい結果ってことになるんかな。

それでも、当時はフランス以外では無名に近かったオマール・シーは、8月公開の『ジュラシック・ワールド』にも出演してるらしく、その他のハリウッド作品でも出演予定が続くほどの人気になってるんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

サンバ / Samba   ★★★☆☆   (2014年)

監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演:オマール・シー、シャルロット・ゲンズブール、タハール・ラヒム、イジア・イジュラン、エレーヌ・ヴァンサン、リヤ・ケベデ、イサカ・サワドゴ

出稼ぎ労働者としてレストランで働いていたセネガル人の男は、コックになろうと頑張っているが、労働許可の取得申請をしたところ、国外退去を命じられてしまうのだが..............ってなドラマ?!

フランス社会の底辺で、夢を支えに逆境に耐える不法入国者と、エリートでありながら、燃え尽き症候群で社会からドロップアウトした女性、そんな二人の交流を軸に、心温まる話を..........ってなことなんやろうけど、思ったほどストレートに伝わってこんかったよ(苦笑)

捕まれば即アウトという厳しい状況のなか、それでも必死に頑張りながら、友情や愛情を育みってとこなんやろうけど、少し全体に話が散漫になってる気がして、盛り上がりきらんかったんよなぁ。

不法移民を取締る一方で、彼らもまた社会の一部をなしてるっていう矛盾のなかで、苦しみながらも必死に生きてる人たちがいるっていうのは分かるし、悪い話ではないんやろうけど、何か爽やかな感動を期待すると、少し違うように思うんやけどね?!

« 『プリズン・オフィサー』 | トップページ | 『オオカミは嘘をつく』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事