« 『ワイルドカード』 | トップページ | 『予告犯』 »

2015年7月 2日 (木)

『激戦 ハート・オブ・ファイト』

今日は香港映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、本国の香港で大ヒットを記録したらしく、興行収入で年間第3位に輝き、10人に1人が鑑賞したってくらいに話題になったんやって。

主演のニック・チョンは、この作品で香港のアカデミー賞にあたる香港電影金像奨で最優秀主演男優賞を受賞したってことみたいで、クリスタル・リーっていう10歳の子役の女の子は、助演女優賞にノミネートされたらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.............................?!

激戦 ハート・オブ・ファイト / 激戦   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ダンテ・ラム
出演:ニック・チョン、エディ・ポン、クリスタル・リー、メイ・ティン、ジャック・カオ、アンディ・オン、パトリック・クン、ワン・バオチャン

かつて香港でボクシングのチャンピオンだった男は、八百長試合で逮捕された過去を持ち、借金取りから逃げるようにマカオにやって来て、友人のジムで雑用をやりながら、部屋貸しをする母子家庭の家で暮らすことに。そんな彼は、ひとりの男から、総合格闘技の大会に出場するためにコーチをして欲しいと頼まれるのだが..................ってなドラマ?!

ハゲしいトレーニングを積みながら、ある理由のためにリングに上がる男と、いい加減な人生を送って来た男が知った、ささやかな幸せ、命がけで挑む戦いの先にあるものは..................ってなことで、適度に心温まるドラマとハゲしいアクションが散りばめられてるところが良かったかな。

スタローンの“ロッキー”へのオマージュがあるようで、話そのものは、この手の作品としては、それほど目新しさってのはないんやけど、主演の男ふたりが嫌味がなくて、心情的に共感しやすい雰囲気なもんやから、多少の強引さも許せてまうんよね(笑)

まぁ、ちょっと“やりすぎ”感はあるんやけど、それでもホンワカとさせて、ちょい切なく、そこそこ熱いドラマは、ベタな感じはあるんやけど、なかなか悪くなかったかも?!

« 『ワイルドカード』 | トップページ | 『予告犯』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事